スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自炊はしなくとも、ドキュメントスキャナはあったほうがいい。

2010年12月27日 18:37

101227imageFOMULA-DR-150.png


またまた、久々の更新です。
twitterをやるようになってから、blogがなおざりになっています。
それぞれ別物なのでそれではいけないのですが。

さて、先日ようやくドキュメントスキャナを買いました。
購入したのはCANONのDR-150です。

一言コメントとしては、
素晴らしいの一言につきます。
ポイントは三つ!

・小さい
・早い
・スタイリッシュ!

です。

大きさですが、たたんだ状態では机の引き出しに入ってしまいます。
また、USBブートなので、ACアダプタが必要ありません。
机周りが非常にすっきりです。

USBブートなのに、スピートは早いです。ストレスを感じません。

見た目も普段はただの箱。
スイッチはなく、フタを開けるような感じでフィーダーを開けると自動的に電源が入ります。

世の中、scansnapが流行っていますが、
自炊する方、多くの文書をスキャンする必要がある方以外はオーバースペックでしょう。
CPをかんがえると、俄然DR-150のほうがいいような気がします。

そして、DR-150は自炊しない方に特におすすめです。

田邊も自炊自体は面倒くさくて、時間と手間を考えると、
業者にだしたほうがトータルコストとして安いなと思い、
業者に出す予定です。(まだ箱詰めだけしてだしていません(汗))

「自炊しないなら、ドキュメントスキャナなんて、プリンターについているスキャナで十分じゃん?」
なんて思うかもしれませんが、それは違います。

違いを挙げてみますと、

・一度に両面スキャンできる。
・一度にスキャンできる枚数が多い
・OCR機能がいい。
・上記を付加しても読み取りスピートは早い。
・耐久性がある

(※最後の耐久性については私感の部分があります。ご了承ください。
以前、プリンタについているADFを使っていましたが、あっという間にギアが割れて、
使えなくなってしまいました。)

たった5つの違いですが、これが大きな差を生みます。
気軽さ、便利さが格段にあがり、さっとスキャンをすることができるので、
ペーパーレス生活にぐっと近づくことができます。
特に、DR-150の場合、USBだけで動くので、いつでもどこでもパソコンさえあればスキャンできます。

さらに、言わずもがなですが、読み込んだ書類をevernoteにアップすると、
その便利さが格段に上がります。

その場合、絶対にプレミアム会員がおすすめです!
その理由はまた次回!

モチアゲCafe大成功!

2010年11月23日 10:55

22日、池袋勤労福祉会館でモチアゲCafeを開催しましたよ!

サクっと報告です。


いよいよ今までの準備を発揮する時です。
本当にたくさんの方に支えられ、これでもかって位準備してきたけど、
いざ本番になると、いろいろ不安がよぎります。

ドタキャンはないか、備品は足りているか、時間配分は大丈夫だろうか、
なにより、満足度の高いものになるだろうか。

でも、そんな事言ってられないんですよね。
だって、スタッフが緊張していたら、会場全体の雰囲気が緊張しちゃいますもんね。
なので、スタッフみんなで共有したのは、
「不足の事態は起きるももの。そんな時こそ、どうって事ないの精神で。
take it easyでいこう!」ということ。

そのおかげか(?)、本番中の連携は抜群!!
普段どおりが一番だね。

アイスブレイクは本気の握手。
自己紹介ならどこでもあるけど、本気の握手は、その名のとおり、本気で握手をして、自己紹介するのだ。
しかもサプライズで。w
1回目は普通に握手して、自己紹介してくださいという。
終わったら、「皆さん本気で握手しましたか?本気とはこうです!!」
全力で声を出して、全力で握手をする見本を見せる。
これが単純なのだけどほんとうに面白い。
人は大声を出すと緊張がほぐれるのだ!!
しかも、普段大声なんて滅多に出さないから気持ちいい!
これでだいぶ緊張はほぐれた感じでした。

続いて応援団対談。
途中、運営の関係で抜けなくてはならず、全部を聞けなかったのがほんとうに残念。
でも、背筋にぐっとくる話は、最後に来ました!
ある質問に、登壇していた大先輩三人から愛のムチ!!
経験に基づく、熱く鋭い言葉に心がキュッと引き締まりましたよ。
やはり、打ち込んできた方の言葉はキレがちがうなぁ。


「今、公務員の給料は昔に比べたらどんどん減っている。
だけど、それは比べるべき対象ではない。
明日会社がなくならないという安心は、公務員しかない。
その保証は普通の会社はいくらお金を払ったって買えない。
厚遇を求めるのではないく、外を見て、しっかり自分の立ち位置を把握すること。
もうすでに十分厚遇なのだ。それをしっかり認識して役割を果たして行かなくてはならない。」

その通りだと共感しました。

僕ら公務員が、待遇に動機付けを持ってきては、絶対にいい仕事はできない。
公務員仕事は、クビにならない、会社が潰れないことを正しく、賢く使い、
もっと自分の利益を超えた目的のために働くことに意義があるんだと、
改めて心に刻んだ次第です。

さて、そしていよいよトリのワールドカフェ。
僕は、全体の調整役だったので、ファシリテーターとしてテーブルにつくことはできなかったんだけど、
各テーブルそれぞれいい感じの盛り上がり!!
入れなかったのが悔しい!w

どこのテーブルにいっても、笑顔のある真剣さが伝わってきて、
コレこそ、ワールドカフェの醍醐味だなぁと感じました。

同じ企画を繰り返すわけにはいかないけど、
また何回か先にはやりたいなぁ。

そして、今度は、僕も入りたい!w

最後に、懇親会。
参加してくれたみなさんに、沢山の「楽しかった!」という声や、
「次回もまた来ます!」、「モチベーションマジ上がりました!」の声に感動!
本当に嬉しかったし、やって良かったと、ものすごい充実感。

そのおかげで日、月と少し放心状態で、BLOGの更新が今日になっているのですが。(汗

モチアゲcafe、大成功!
幹事のみんな、ありがとう!

TOPICは、「東京から公共をあたらしくする」ために、
がんばります!

というか、みんな一緒に頑張りましょう!!

1日500億通のスパムメールを送っていた業者が摘発された!

2010年11月12日 07:07

101112spam.gif


驚くべきニュースですね。

ロシアで1日500億通のスパムメールを送っていた業者が摘発されたそうです。

この業者はバイアグラのスパムメールで米欧などで過去3年半に1億2000万ドル(100億円)強の売り上げをあげたそうです。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるといいますが、それを体現していたというか。
まさかスパムメールでも反応して買ってしまう人がいたとはこれも驚きです。
しかし、1秒間に約58万通とはすごい。。。

この業者が摘発され、スパムを配信しなくなったことによって、世界の1/5にあたるスパムが消えたそうです。

よろしくない想像かもしれませんが、ロシアでかつ個人で一日500億通でそんだけ稼げるなら、
もっとでかい組織とかが、もっとすごい通数を送って荒稼ぎしていそうな気も。

田邊も職場のアドレスにやたらとスパムメールが届きまして、困っておりました。
たしかに最近「バイアグラ」とかかれたスパムが減ったなぁと思っていたら(※)、
この事件が関連していたのかもしれないですね。

市場に流れているスパムの量は、全メール件数の94%ともいわれていますが、
なくならないのは良い商売だからなんですね。

スパムがない世の中にならないかなぁ。

※東京都では個人に付与されているアドレスに付いて、スパムフィルターを付けていなかったので、
 個人で1通1通スパムメールを消す必要がありました。
 今月頭からスパムフィルがーがついたので、その相乗効果ですかね。
 それでもまだ、1日数通のスパムが届きます。
 googleのスパムフィルターのほうが性能がいい。w

子供の笑顔は最高だ!!

2010年11月08日 20:54

101107キャンディ


昨日は友人の紹介で、児童養護施設の子供たち20名弱と動物園に行ってきました。

行く前は正直不安もありました。
「どう接せばいいのか」「なんの話をすればいいのか」「いざって時は叱れるのか」など。

でも、一発でその不安は消し飛びましたね。

みんな素晴らしい笑顔。

本当に動物園を楽しんでくれました。

子供たちもすぐに僕になついてくれて、
迷子にならないようにずっと手を握って、
最後お別れの時には「今日はもうバイバイなの?」って。

もう、ジーンと来てしまいましたよ。

さらに、「田邊さんにサプライズ!」
と、一緒に動物園をまわった男の子が自分の少ないおやつから、
とっといてくれたアメをひとつ、別れ際に僕にくれました。

もう、涙でそう。

その写真が、今日の写真です。

ありがたく、昨日の夜に食べました。



そこでひとつの疑問がわきます。

みんなスッゴク可愛いんですよ。

なのに「どうして?」という。

こういう問題は、多分根本では解決できないのでしょう。

世界各国、そして昔からある問題です。

でも、どうにかしたい。

もうひとつの不安が、連鎖。

彼らが大人になったとき、そして結婚し、親になったとき。

どうなるのか。

今僕に出来ることはなんなんだろう。

遊んでる時はスッゴク楽しかったんですが、
帰りがけひとりでそんなことを考えてしまいました。

まだ、頭の中かが整理出来ていません。

彼らが大人になったとき、頑張れる日本を作りたい。
そう思います。

物事のハードルを下げると、上手くいく!

2010年11月06日 15:53

101106Hurdle1.jpg

最近実践していることのひとつに、

「物事の精神的ハードルを下げて、とにかく実行することに重きをおく」

ということがあります。

どういう事かというと、例えば掃除。

以前は週末にまとめて綺麗にしようと思い、平日は何もしませんでした。
その結果、終末に向かうにつれて家はどんどん散らかっていくし、
週末予定があるときは掃除ができず、翌週に持ち越し、さらに散らかっていくということもままありました。

この「週末やる」ということの発想の根底には、「隅々まで綺麗にしたい」とか、
「短時間ではできない」という精神的ハードルを自ら高くしてしまっていたということがあると考えました。

そこで、自らハードルを下げ、

「中途半端でもいいから毎朝ちょこっと掃除する」

というふうに方針を転換しました。

毎日、掃除に割いている時間は5~10分です。
一日では家全体を綺麗にできませんが、毎日しているので、
総体としては以前より整理整頓され、ホコリも落ちていません。

そして、週末にまとめてというのがなくなったので、
週末も家事に追われることがなくなりました。

これは、仕事でも言えると思います。

「いいものを作りたい」と自らハードルを高くしてしまって、完成イメージが沸かず、
考える時間というか、無駄なが時間を多く使ってしまっている人、多いと思います。

とりあえず、稚拙でも全体を創り上げてしまってから手直しする方が遥かに早くいいものを作れると思います。

また、作業の途中で行き詰ってしまった場合、「ウーン」と悩んで手を止めてしまう方がいますが、
これも「目の前の作業を完成させなくてはならない」と自分でハードルを上げてしまっていますね。

悩んだら、その時考えていたことをさっとポストイットにメモし、その仕事はちょっと脇において、
別の仕事にとりかかり、少し時間をおいて見直すと、さっき悩んでいたことが、
意外とすらっと解決してしまったりします。

このように「中途半端でもいいや」という、ハードルの低さが家事や仕事のスピードを上げてくれ、また結構いい結果をもたらしてくれます。

「精神的ハードルを自らさげる」

忙しい!!と感じている人にはおすすめかと。

新型MacBookAirがたまらなくいい!!

2010年10月27日 07:33

スクリーンショット(2010-10-27 7.32.22)


超ひさびさの更新になってしましました。

その理由として、ノートパソコンの問題がありました。
今まで使っていたWindowsのノートパソコンが重くて重くて、
もう動きがもっさりなんてもんではなかったのです。

いつも大体電車の中でエントリーを打っていたのですが、
起動だけで時間を食ってしまいます。
それがいやでだんだんblogから遠ざかってしまいました。

iPadは素晴らしいデバイスですが、受信をメインに、ライトユースをターゲットにしているので、
文章を書いたりするには向いておらず、このblogの編集にも不十分でした。

そんな理由で、しばらくエントリーから遠ざかっていたのですが、
ようやく昨日、新型MacBook Airが届きました!

USキーボードにしたり、メモリを4GBに増設したりしたので、出荷が少し伸び、
発表日に買ったにもかかわらず、届いたのが昨日になってしまいました。

前置きが長くなりましたが、ファーストインプレッションを!

●とにかく早い!
 SSDはほんとうに早いです。iPadと変わりません。爆速でスリープから回復します。

●超薄い!
 これは以前もそうなんですが、シンメトリーのデザインを捨て、
 刃物のような形状にしたことで、より薄さが際立っています。

●マルチタッチが便利すぎ!
 自宅ではiMacなので、トラックパッドをあまり使う機会はなかったのですが、
 今回使って実感しました。便利すぎです。直感的に指で様々なことができます。

いまのところ、かなり満足度は高いです。
とても便利。
自宅からWindowsがなくなってしまいましたが、もう、Windowsには戻れません。w

ただ、ひとつ問題が、、、

なぜかスカイプに接続できません。
問題がさっぱりわからない。

あまり外ではスカイプしないし、いざとなればgoogleトークを使えばいいので、
いいのですが、やはりなんとなく不便さが残ります。

地道に解決したいと思います。

こうでありたいと、元気をくれる映像。

2010年09月06日 07:21

おはようございます。

田邊はかなりのapple好きです。

そんな中でもすっごく気にっているのが、昔流れていたappleのCMです。

短時間で、ものすごくモチベーションを上げてくれる映像です。

自分を信じられなくなったとき、
組織の中でだめになりそうなとき、
自分じゃ何も変えられないんじゃないかって元気を無くしそうなとき、


もっと自分を信じようと、
組織はあくまでも手段に過ぎないと、
自分で変えてやるってもう一回本気になって頑張ろうと、

心の底から、エネルギーが湧いてくる言葉が綴られています。

ぜひ、みなさんも心が凹んだときには見てください。

って、有名な映像だから、改めて紹介するまでもないのですが。。。



(英語オリジナル盤はコチラ)

高齢者に生きがいがある社会を

2010年08月31日 18:35

100831oldman_convert_20100831183357.jpg


偉そうなタイトルになってしましたが、大切だなぁと思ったのでエントリー。


高齢者に厚い福祉を提供するのも大切ですが、それ以上に生きがいを感じられる社会ってものすごく大切だと思うのです。

昔っから言われていて、今に始まったことでもないのですが、最近実感したので。

田邊には一人暮らしをしている祖母がいます。

昔は海外旅行なんかも行ってしまうアクティブな祖母だったのですが、年齢的にもだいぶ高齢になってきて、体のガタもき始め、最近はめっきり外に出かける機会も少なくなってきています。
外に出なくなってしまったので刺激もなく、最近元気をなくしていました。

一人暮らしだと笑う機会も少なく、元気はなくなる一方だと思います。

核家族化が進み、これからどんどん独居老人が増えていくと思います。

人間、老若男女問わず、やる気の根幹は生きがいです。

しかし、歳を重ねていくと制約も増えてくるので、若い頃と同じような生きがいは続かない場合があります。

これを何とかクリアしたい!

一つの方法として「いろどり」がやっている様な、産業福祉があります。

これに大きな可能性を感じずにはいられません。

産業福祉を都会でやるにはどうしたらよいか。
また、他にもっといいことはできないか。

今の現役世代にとって、まだ遠い話かもしれませんが、絶対に避けられない道でもあります。

今、解決しなくては脈々と続く一方です。

田邊もアイデアがないまま書いていますが、じーちゃん・ばーちゃんが一人暮らしでも楽しく暮らせる社会を作りたいです。

高齢者と子供の差

2010年08月29日 07:44

100829高齢者と子供


賛否両論ある点だと思いますが、ふと思ったので一言。

それは、高齢者と子供が負担する社会的費用の差についてです。

例えば、高齢者にはシルバーパスがあり、公共交通をただで乗ることができます(地域による)。
しかしながら、おなじく収入がないにもかかわらず、子供は大人料金の半分を払わなければなりません。

これに不公平を感じるのです。
しかも、それが公共交通だというところに。

擁護する立場から言えば、

・高齢者の収入は限られている
・公共交通機関は誰もが使う権利を有する
・よって、通常料金で負担を強いるのは、現役世代と比べて収入の少ない高齢者にとっては不平等であり、助成をする必要がある。

と、いった感じではないかと思います。

しかし、この論法は、子供にもいうことができます。
で、あれば、将来国を担う子供達も同様の権利を与えられて然りだと思うのです。

とはいえ、田邊は対価を払わないことには、全体的に反対の立場です。
したがって、今回の話の結論としては、高齢者からも子供料金と同額はとるべきと考えます。

とここまでは、公共交通を例とした各論の話。

根本的に記は、高齢者には投票権があり子どもには投票権がありません。
どうしても、高齢者に有利な政策が組まれがちです。

子ども手当を批判し、年金の増額や社会保障の充実を主張する方も中にはいらっしゃいますが、総じて医療費やその他の面で高齢者の方が社会的費用を使っていると思います。(ちょっと調べましたが、一人あたりの社会的費用をまとめたデータはありませんでした)

高齢者は、「自分達がニッポンを作ってきた」という自負があるでしょう。
確かにそうです。そこに現役世代は感謝をすべきだと思います。
しかし、大人になるということは次の世代へ引き継ぐ義務も負うものと考えます。

投票権のない子どもの代わりに子どもの政策を選べるのは両親です。
若い世代が投票に行かないと、高齢者重視の政策から抜け出せません。

子どもに対して高齢者と同程度の社会保障のある国にしたいです。

モレスキンのノートを買いました。

2010年08月28日 10:58

スクリーンショット(2010-08-28 10.56.22)


ただいまモレスキンのサイトでは、2冊買うともう一冊プレゼントキャンペーンをやっています。
7月~8月の限定キャンペーンです。

これはかなりお買得ですね!
今までモレスキンのノートを使っていなかった方もこれを機に使ってみてはいかがでしょうか?

モレスキンのよい点は集約するとこの3つだと田邊は思います。


1. おしゃれに見える
くだらな様に見えて非常に重要だと思います。
キャンパスノートを持ち歩くより、はるかにおしゃれに見えて、自分をプロデュースする事ができます。

2. ハードカバーなので書く場所を選ばない
モレスキンのハードカバーノートは書く場所を選びません。
ソフトカバーのノートより格段に立ったままでも書きやすいです。

3.背表紙はポケットになっている
カードなどを挟むのに役に立ちます。使うの?と疑問に思われる方もいるかもしれませんが、あると重宝します。さりげない優しさチックなデザインが好きです。

他にも書き心地や、192ページというページの多さも魅力の一つです。

1冊の値段がノートとしては高いですが、それだけの魅力とリターンがあるノートです。

ぜひ、この機会に試してみては?

ちなみに田邊は3セット9冊買いました。w

購入はこちらから!
MOLESKINE モレスキン 2+1キャンペーン


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。