スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスクトップ画像で省エネ!-今日からちょっとコスト減-

2009年02月25日 08:20

おはようございます。

今日はちょっとした省エネの小ネタをひとつ。

現在都庁でも、
「省エネのため、離席時はデスクトップを閉じましょう!
画面を切りましょう」とキャンペーンをがんばっています。

が、浸透率はいまいちかと。

原因には以下のようなことが考えられます。

1 席に戻ってきた時に、パスワードをもう一度打って復帰させるのが面倒くさい。

2 ちょっとのはずが以外の長くなってしまった。

3 そもそも「たいした電力量じゃないだろう」と考えている。


画面の電力消費って、大きな部分を占めているんですけどね。w

それならいっそうのことこうしてはどうかというアイデアです。

続きはmoreをクリック!


ネタをばらすと非常に単純なことなのです。

たった二つの手順でかなりの省エネが図られます。

1 デスクトップの壁紙を「無地の白」にする。

2 スクリーンセーバーを使わず、1分間でスクリーンの電源が切れるようにする。
  ※ただし、セキュリティーの観点から、ロックがかかるまでの時間はデフォルト設定。


たったこれだけです。w

「画面を白くしてどうなるんだ!?」って思うかもしれませんが、
ためしに設定してみてください!
今の画面の明るさでは目がちかちかすると思います。
対処として、画面の明るさを半分くらいまで落とすとちょうどよくなります。

目が慣れるまでは違和感があるかもしれませんが、
じきになれます。

これを全庁で行うだけで、画面の照明に使っていた電力量が半分になるんですね。
毎日のことですから、かなり節約になります。

スクリーンセーバーも液晶においてはほとんど意味がないものなので不要ですね。
もともとはブラウン管の焼付けを防止するためのものだったのですから。
今となっては無駄な電力を使うだけです。

なので、強制的に1分間操作しなければ、画面の電源が切れるようにします。
画面の電源が切れるだけなので、ちょっとでもマウスが動いたり、
キーボード操作すればあっという間に復帰します。

休止モードやスタンバイモードとは違うのでストレスにはなりません。


どうですか、身近なこんなとこから、省エネ生活始めてみませんか?
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/86-1b97c706
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。