スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝間和代さん新刊発売!and出版記念講演会のお知らせ

2009年02月17日 08:14

おはようございます。

本日は、経済評論家勝間和代さんの講演会のお知らせです。

勝間さんといえば、日経アソシエ2月17日号で、
「感銘を受けた」ビジネス書の著者ランキングで1位に輝いた、
今最も注目されているビジネスパーソンのお一人です。

ご多分に漏れず、私もモロに感銘を受け、
ソフトカツマーです。

そんな勝間さんの新刊が2月19日に発売され、
それに伴い講演会も実施されます!!

生勝間さんにお会いできる機会なのでぜひ!!

詳細はmoreを!!

来る2月19日に勝間さんの新刊
「断る力」が発売されます!!

アマゾンアタックをかける方はこちらからどうぞ!



【内容紹介】(Amazonから抜粋)


◎私が今、タイムマシンに乗って20代後半の自分にたった一つアドバイスをするとしたら、「『断る力』を一刻も早く、身につけること」と言うでしょう。実際、私が「断る力」、英語にすると「Say No」、すなわち相手の言いなりにならずに拒否をする力を身につけることができたと確信したのは、34歳で初めての離婚をしたときからだと思います。そして、その時から、私の世界はドラマティックに変わりはじめました。


◎これまで、私はさまざまな著書のなかで、どうすれば私たちの仕事の生産性がアップするかをいろいろな観点から紹介してきました。その中で、最も大事なことをこれまで、強調し切れていませんでした。もう、おわかりだと思いますが、生産性を上げる最も重要で、かつ効果的な秘訣とは――、
「断る力」をつけるということ、これに尽きるのです。


◎この本では、「断ること」をしないことが、いかに私たちの生産性向上を阻害し、成長を阻害し、ストレスをためるかということを説明していきます。そして、どうやったら「断る力」を身につけることができるのか、その訓練方法を含めて具体的に説明をしていきます。


◎ この本を2時間後に読み終わったとき、そして、「断ること」を能動的にはじめたその時から、あなたの生産性は何倍にも、何十倍にも向上するのです。ただし、「断る力」はたいへん強力な武器であるため、扱いもとても慎重に行わなければなりません。むやみやたらに断るのではなく、どういうところでは断り、どういう場面では逆に歯を食いしばって引き受けてベストを尽くすべきなのか、その判断能力をこの本をきっかけに、みなさんの生活の中で培っていってほしいと思います。



内容

人に無理に合わせようとすると、組織もあなたも疲弊する。「自分の軸」を持ち、生産的な提言や交渉を行なう好循環をつくる変革の書。あなたの人生がドラマティックに変わります。



今回の著書もまた面白そうです。
これだけのペースでご本を出されて、どれだけ引き出しをお持ちなのか、
驚くばかりです。
良質なインプットとアウトプットを繰り返しているとこうなれるのかと。
すごいです!

そして、今回は紀伊国屋書店さんが出版記念の講演会を企画されています。
たった、1,000円で勝間さんのご講演に参加できるよい機会なので、
ご興味のある方はぜひ!!

残念ながら私は所用でいくことができません。。。
翌日のblogチェックは欠かせませんが、
これをお読みになり、参加された方がいらっしゃいましたら、
お願いします!ご連絡ください!!

そして、公演内容を教えてください!!



『断る力』刊行記念
勝間和代講演会&サイン会

「断る力」をつける――私の人生が変わった瞬間

日時 2月25日(水)19:00開演(18:30開場)
会場 新宿・紀伊國屋サザンシアター
(紀伊國屋書店 新宿南店7階)
料金 1,000円(全席指定/税込)
電話予約・
問合せ 紀伊國屋サザンシアター
03-5361-3321(10:00~18:30)
チケット
前売所
キノチケットカウンター
(新宿本店5階/受付時間10:00~18:30)
紀伊國屋サザンシアター
(新宿南店7階/受付時間10:00~18:30)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/82-f62b85a2
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。