スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世話人Kの手帳 其の弐

2008年11月06日 08:17

おはようございます!(^^)q

さて、今日は、昨日紹介した高橋書店 No.885 フェルテ
どうして選んだかというポイントの解説をしたいと思います。

ポイントをもう一度整理します。

1 バーティカルタイプ(縦型)であること。

2 路線図や、年齢早見表、郵便料金表など
  あったら便利な小ネタがコンパクトとにまとまっています。

3 ポケットが多い。

4 値段が手ごろ!

5 しおり紐が2本ついている(マンスリー用とウィークリー用)

6 大きさがちょうどよい(B6判(182×128mm))。

の6個です。

それぞれを解説していきます!


1 バーティカルタイプであること

多くの手帳は日付が横型です。こんな感じですね。


081106手帳横型

予定を書き込むとき、普通横書きですよね?
時系列的に予定を書き込むと長い時間を要する予定では、
十分にスペースをとることができますが、
たとえばto doや短い予定などは、横型手帳で横書きしてしまうと、
他の予定の欄を圧迫してしまいます。

圧迫しない書き方もあるのでしょうが、
工夫が必要です。

其の点縦型を見ると、時間は縦に進み、文字は横にかけるので、
この問題は1発で解消されます。

また、予定のない時間はきれいに空白ができるので、
しかもそれが1週間分見開きでわかるので、
空き時間の把握が横型に比べて容易です。
隙間時間を有効に活用できます。

「時間がなくて・・・」という方は、ぜひ、
手帳をバーティカルタイプに替え、予定を詰め込みすぎず、
予定を管理してみてさい。

時間管理にはバーティカルタイプのものを俄然お勧めします!


2 路線図や年齢早見表、郵便料金など
  有ったら便利なコネタがコンパクトにまとまっている。

  システム手帳でも、別売りで路線図や様々なアイテムが売っていますが、
  めったにないですが、新しい路線ができたときなど、買い換えないといけませんよね?
  つづり手帳で毎年ついてくれば、其の手間は省けます。

  それと、意外に使うのが年齢早見表。
  「昭和○○年は西暦何年?」ってときが結構あるのです。
  そういうときにかなり重宝しています。

  そのほかにも速達料金や
  電話のサービス一覧(花の宅配サービスなんかも載っています)も記載されており、
  いざって時に重宝します。


3 ポケットが多い。

  表・裏表紙の双方にポケットがついています。
  そこにはがきやプリントなんかを入れておくことができるので便利です。
  また、裏表紙に側にはカードポケットもついているので、
  名刺の予備を入れておくのに重宝しています。


4 値段が手ごろ

  税込1,449円です。
  高い手帳もありますが、高い手帳だと「汚したくないなぁ」とか、
  ちょっと余計な気持ちが出てきませんか?w

  手帳は時間・目標・アイデアを管理する貴重なツールです。
  汚したくないということで、使い方に制約をかけてはもったいない。

  その点、値段が手ごろですと、多少汚れても「もったいない感」はあまり出てきません。
  また、つづりタイプなので、1年経ったらあたしい手帳が手元にきます。
  それもまた気持ちいいものです。

  手帳は、気を使わず、ガシガシ使えるものに限ります!

5 しおりが2本ついている

  この手帳は1ヶ月見開きのマンスリータイプと、
  バーティカルタイプのウィークリー用が収録されています。
  使い方はまた後日紹介するとして。。。
  ちゃんとしおり紐が色違いで2本ついています。

  なので、今月と今週のページへのアクセスと速度が速いです。


6 大きさがちょうどいい。

  スーツのポケットに入るタイプだとちょっと小さすぎて、
  予定・目標・アイデアを十分に管理できません。

  かといって、B5やA4サイズになってしまうと大きすぎて持ち歩くのに不便。

  そこで、B6判(182×128mm)という、B5の半分のサイズがなかなか手ごろです。
  ポケットには入らないですが、かばんの中であれば邪魔になりませんし、
  予定・目標・アイデアの管理も十分にできます。

以上が世話人Kが高橋書店 No.885 フェルテ
選んだ理由です。

明日は、そんな理由を踏まえて、
「2009年 おススメ手帳」を書きたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/7-02a88f7d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。