スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝、気持ちよく目覚めるためにすること

2009年01月19日 23:49

090119.jpg


こんばんは。

さて、今日は「睡眠ネタ」に戻りまして、
世話人Kが実践している睡眠術について紹介します!
「催眠術」ではないですよ!(汗

具体的方法の第1回目として取り上げたいのは、
「朝の目覚め方」です。

ビジネスパーソンにとって、1番きつい時間というのは、
朝起きる瞬間ではないでしょうか?
特に冷え込むこの季節、布団からはなかなか出たくないですよね。
眠い眼をこすり、ついついだらだら布団の中ですごし、
平日はバタバタ、休日は昼まで布団の中という方もいるのではないでしょうか?

貴重な朝の時間、休日ですから、有効に使いたいものです。
そのためには、まず、「気持ちよく眼を覚ます」ことが必要です。

そこでオススメしたいのが「光の目覚まし+α」です。

大方の方は、朝目覚めるとき、
目覚まし時計か、携帯電話のアラームを使用しているかと思います。
「音で目覚める」というのは一番ポピュラーな方法ですよね。

しかし、大音量で目覚めるというのは、
かなりストレスがたまります。
実際そうではないですか?

なぜなら、本来、「自然に目覚める」というのは
「日光で目覚める」ことなのです。
音で起きてしまうと、体が何の準備もなしに起こされてしまうので、
目もしばしばしているし、体も動きにくいのですね。

では、光で目覚めるにはどうしたらよいか?

世話人Kはこれらのアイテムを使っています。
(ちょっぴり我が家を公開w)

●REVEX デジタルプログラムタイマー PT60D




●IKEA スタンド型照明

090119.jpeg


そう、防犯グッズと、ただのスタンドです。

この防犯タイマー、決まった時間帯に通電します。
つまり、その時間帯だけ明かりがつくって仕組みです。
その明かりで眼を覚ますことができるのです。

しかも、いろいろプログラムができるので、

平日 6:00~6:15 点灯
休日 8:00~8:15 点灯

なんてのもできます。

準備も簡単、差込口にスタンドのコンセントをつなぐだけです。

「光で起きられるの?」と不安かもしれませんが、
案外起きられます。
不安であれば起きたい時間の3~5分前に明かりがつくようにします。

音のときより自然です。不快感が少ないですね!

何よりもスイッチングコストが安いのが魅力!

IKEAのスタンドを我が家は1,000円くらいで購入できたので、
合計3,000円位で音から光の目覚めへスイッチすることができました。

これは試す価値ありです!!

スタンドは、枕元に置け、顔を照らしてくれればどんなものでも大丈夫です。

さらに、お財布に余裕のある方は、こんな商品もあります。







朝、起きるのがつらい方、是非お試し下さい。


追伸

ココまで来て、

「おい、はじめに、『+α』ってあったじゃないか。
これじゃ、光だけじゃねーか」と思った方、
その通りです。

次回、「+α」を紹介します!

とはいえ、明日から夕張へ出張です。
本blogも夕張レポートになります。

次回はちょっと時間が空いてしまいますが、
ご了承ください。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. スラレーヌ普及連合会 | URL | -

    スリ防止機能付財布を販売しています。よかったら見てみてください。http://www.surarenu.com/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/52-d04e328b
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。