スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モノを減らすには徹底して集約させるに限る。

2013年01月20日 18:32

1350711_91783105_convert_20130120203328.jpg


ちょっと前に断捨離という言葉がはやりました。今も流行っているのかな。
この手の本は読んだことがないので、未だに詳細はわかっていないのですが、
この言葉が出始めた頃に、「田邊さんは断捨離ができているね!」って結構ほめられた(?)ので、
自分の行動を振り返ってみました。

十分にできているわけではないのですが、気をつけていることとしては、
「モノのダブりは増加要因。用途のダブりは減少要因。」って意識して、
物を管理してます。

どういうことかっていうと、予備のモノを置いておいたり、
ちょっとしか機能が違わないモノをたくさん持っていたり、
いわゆるダブりは、モノの増加要因にしかなりません。

断捨離が流行った背景には、やはりモノが増えると心がすさむって言うのがあると思うんですよ。
こざっぱりしていた方が気持ちいいというのがあると思うのです。
だから、ドンキよりApple storeの方がスタイリッシュに、ずっといたくなる空間であるわけで。w

一方で、用途をダブらせると、一つのものに機能を集約していくと、
ダブりが多くなるぶんだけ、モノの絶対量は減ります。

身近なモノでは、スマートフォンや4色ボールペンがそれです。
スマートフォンをてば、アプリによって、いくつもの物を統合できます。

4色ボールペンを持てば、ペンは4本ではなく1本ですみますし、
さらに、これをフリクションにすれば、シャーペンも必要ないかも、といった感じです。

つまり、なるべく集約を意識するとモノはどんどん減っていきます。

本当にモノが減ってきます。

最近では、洋服でも始めました。仕事着と普段着の合体。
まずは、コートからですが、オンとオフどちらも着られるコートにすることで、減らすことができました。
カードも些細なポイントをためることをやめ、1枚のカードにすることにより財布が薄くなりました。
電子書籍にすることで、本の物理的な量は減りました。

些細なことから、用途のダブりを作っていくと、ちょっとずつモノが減っていきます。

物が増えて困るというかたは、ぜひ、機能の集約を意識してみて、
同じ機能の者は一つに集約し、他は捨ててください。

more lessな生活を楽しみましょう!

【今週の目標管理】
(仕事)立て込み、少し残業しました。
(プライベート)1時間、本を読めない日が2日ありました。
(健康)休肝日1日。ゴルフレッスン1回。スイム1,100m。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2. 浜路 | URL | h1VK5Tow

    ハゲてても大丈夫

    A00r07fn
    ハゲでも出会えた!
    俺みたいなハゲでもチョメチョメできたよ!
    神様ありがとう!
    http://88XGw342.masa-son.com/88XGw342/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/330-d48e9e4a
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。