スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モチアゲCafe大成功!

2010年11月23日 10:55

22日、池袋勤労福祉会館でモチアゲCafeを開催しましたよ!

サクっと報告です。


いよいよ今までの準備を発揮する時です。
本当にたくさんの方に支えられ、これでもかって位準備してきたけど、
いざ本番になると、いろいろ不安がよぎります。

ドタキャンはないか、備品は足りているか、時間配分は大丈夫だろうか、
なにより、満足度の高いものになるだろうか。

でも、そんな事言ってられないんですよね。
だって、スタッフが緊張していたら、会場全体の雰囲気が緊張しちゃいますもんね。
なので、スタッフみんなで共有したのは、
「不足の事態は起きるももの。そんな時こそ、どうって事ないの精神で。
take it easyでいこう!」ということ。

そのおかげか(?)、本番中の連携は抜群!!
普段どおりが一番だね。

アイスブレイクは本気の握手。
自己紹介ならどこでもあるけど、本気の握手は、その名のとおり、本気で握手をして、自己紹介するのだ。
しかもサプライズで。w
1回目は普通に握手して、自己紹介してくださいという。
終わったら、「皆さん本気で握手しましたか?本気とはこうです!!」
全力で声を出して、全力で握手をする見本を見せる。
これが単純なのだけどほんとうに面白い。
人は大声を出すと緊張がほぐれるのだ!!
しかも、普段大声なんて滅多に出さないから気持ちいい!
これでだいぶ緊張はほぐれた感じでした。

続いて応援団対談。
途中、運営の関係で抜けなくてはならず、全部を聞けなかったのがほんとうに残念。
でも、背筋にぐっとくる話は、最後に来ました!
ある質問に、登壇していた大先輩三人から愛のムチ!!
経験に基づく、熱く鋭い言葉に心がキュッと引き締まりましたよ。
やはり、打ち込んできた方の言葉はキレがちがうなぁ。


「今、公務員の給料は昔に比べたらどんどん減っている。
だけど、それは比べるべき対象ではない。
明日会社がなくならないという安心は、公務員しかない。
その保証は普通の会社はいくらお金を払ったって買えない。
厚遇を求めるのではないく、外を見て、しっかり自分の立ち位置を把握すること。
もうすでに十分厚遇なのだ。それをしっかり認識して役割を果たして行かなくてはならない。」

その通りだと共感しました。

僕ら公務員が、待遇に動機付けを持ってきては、絶対にいい仕事はできない。
公務員仕事は、クビにならない、会社が潰れないことを正しく、賢く使い、
もっと自分の利益を超えた目的のために働くことに意義があるんだと、
改めて心に刻んだ次第です。

さて、そしていよいよトリのワールドカフェ。
僕は、全体の調整役だったので、ファシリテーターとしてテーブルにつくことはできなかったんだけど、
各テーブルそれぞれいい感じの盛り上がり!!
入れなかったのが悔しい!w

どこのテーブルにいっても、笑顔のある真剣さが伝わってきて、
コレこそ、ワールドカフェの醍醐味だなぁと感じました。

同じ企画を繰り返すわけにはいかないけど、
また何回か先にはやりたいなぁ。

そして、今度は、僕も入りたい!w

最後に、懇親会。
参加してくれたみなさんに、沢山の「楽しかった!」という声や、
「次回もまた来ます!」、「モチベーションマジ上がりました!」の声に感動!
本当に嬉しかったし、やって良かったと、ものすごい充実感。

そのおかげで日、月と少し放心状態で、BLOGの更新が今日になっているのですが。(汗

モチアゲcafe、大成功!
幹事のみんな、ありがとう!

TOPICは、「東京から公共をあたらしくする」ために、
がんばります!

というか、みんな一緒に頑張りましょう!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. ふかの | URL | -

    おつかれさまでした!

    レポ読ませて頂きました。
    今回はイベント参加できずで大変残念です…
    写真の様子から、いい雰囲気が伝わってきますね。先輩の言葉も、改めて身に染みる思いがします。
    違う場所でみんな頑張っているんだと思うと、また日々の仕事に対する気持ちがアガりました。
    また色々企画な企画が立ち上がっていくのが楽しみですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/318-f58fddd4
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。