スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物事のハードルを下げると、上手くいく!

2010年11月06日 15:53

101106Hurdle1.jpg

最近実践していることのひとつに、

「物事の精神的ハードルを下げて、とにかく実行することに重きをおく」

ということがあります。

どういう事かというと、例えば掃除。

以前は週末にまとめて綺麗にしようと思い、平日は何もしませんでした。
その結果、終末に向かうにつれて家はどんどん散らかっていくし、
週末予定があるときは掃除ができず、翌週に持ち越し、さらに散らかっていくということもままありました。

この「週末やる」ということの発想の根底には、「隅々まで綺麗にしたい」とか、
「短時間ではできない」という精神的ハードルを自ら高くしてしまっていたということがあると考えました。

そこで、自らハードルを下げ、

「中途半端でもいいから毎朝ちょこっと掃除する」

というふうに方針を転換しました。

毎日、掃除に割いている時間は5~10分です。
一日では家全体を綺麗にできませんが、毎日しているので、
総体としては以前より整理整頓され、ホコリも落ちていません。

そして、週末にまとめてというのがなくなったので、
週末も家事に追われることがなくなりました。

これは、仕事でも言えると思います。

「いいものを作りたい」と自らハードルを高くしてしまって、完成イメージが沸かず、
考える時間というか、無駄なが時間を多く使ってしまっている人、多いと思います。

とりあえず、稚拙でも全体を創り上げてしまってから手直しする方が遥かに早くいいものを作れると思います。

また、作業の途中で行き詰ってしまった場合、「ウーン」と悩んで手を止めてしまう方がいますが、
これも「目の前の作業を完成させなくてはならない」と自分でハードルを上げてしまっていますね。

悩んだら、その時考えていたことをさっとポストイットにメモし、その仕事はちょっと脇において、
別の仕事にとりかかり、少し時間をおいて見直すと、さっき悩んでいたことが、
意外とすらっと解決してしまったりします。

このように「中途半端でもいいや」という、ハードルの低さが家事や仕事のスピードを上げてくれ、また結構いい結果をもたらしてくれます。

「精神的ハードルを自らさげる」

忙しい!!と感じている人にはおすすめかと。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/315-56e2a70e
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。