スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都庁職員よ、考えるな、iPhoneを持て!

2010年07月13日 21:21

100713iPhone4.jpg


最近やっとスマートフォンが売れ始めていますが、それでも携帯電話は、通話とメールができればいいという方も多いですね。
が、それは違います。

メールができたばかりの頃は、電話は電話でしょなんて言われていたと思うのですが、今や、電話とメールはセットになりました。そしてテレビとカメラもセットです。

同じように、もう少しで、携帯は電話とメールとカメラとテレビを身近に置くだけの機械ではなくなるはずです。

カメラとテレビが携帯で受け入れられたのは、それぞれすでに我々の生活の中に溶け込んでいて、使い方を知っているものだったからだと田邊は考えます。

しかし、スマートフォンと呼ばれる新しい携帯は違います。

スマートフォンは自分で使い方をカスタマイズしなければならないのです。
従来の携帯のように与えられた機能を使うのではなく、自分で、自分用に機能を付加してかなくてはならないのです。ですので、従来の携帯と使いかってが違い、使い方がわからず、今までの携帯で十分というようになるのでしょう。

しかし、ここがスマートフォン最大の強みなのです。

従来の携帯は、買ったらそれ以降、機能が進化することはありませんでした。
それでは、いくら発売当初便利であったとしても、ちょっとしたらあっという間に時代遅れのものになってしまいます。

スマートフォンは違います。アプリをインストールすれば、いつでも好きな機能を手に入れることができるのです。

そして、好きな機能をインストールできるということは、今までいろんなツールに分散して管理、使用してきたものがスマートフォンひとつに集約されてるということです。

これからは、今まで想像もしなかった圧倒的な道具量と情報量をポケットに入れて持ち運べる時代なのです!



しかし、これではタイトルの強い言い方に対してインパクトが小さいですね。
「便利ですよ~」しか言っていません。


持て!というくらいですから、まだ理由があるわけです。

それは、デジタルへの代替に慣れるということです。

確かにデジタルに代替できないものもありますが、大多数の書類はデジタルに代替できるはずです。
デジタルのほうが圧倒的に保存性に優れ、検索性にすぐれ、保存空間的にも優れています。

しかしながら役所は未だ紙天国。

その理由は、IT・デジタルに対するノウハウとスキル、ナレッジの不足です。

特に中高年世代、つまり現在管理職等で仕切る側の人間が非常にITに対して鈍感であるために、一向にITの活用による効率化が進まない理由だと考えています。

今やITはメールして、ネットサーフィンが出来ればいいという時代ではありません。

ITにいは様々な問題を解決できる可能性がまだまだ秘めれています。

それなのに、ITは小難しいからということで、最先端の技術に触れず、使い方もわかず、旧来のやり方をずっとやっていくというのは、それこそ税金の無駄遣いです。

この意識を変えるためにも、手元にスマートフォンを持ち、ITの可能性を理解し、仕事の効率化に積極的になってもらいたいと思います。

ちなみに、タイトルでスマートフォンではなくiPhoneとしたのは、そのほうがインパクトがあり分かりやすいかなぁというのと、田邊自身スマートフォンはiPhoneしか使ったことがないからでした。w
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/307-fe14bc85
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。