スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Life net社長出口さんの講演会に行ってきました!!

2010年07月10日 17:11

「思考軸」をつくれ-あの人が「瞬時の判断」を誤らない理由
出口治明
英治出版
売り上げランキング: 503
おすすめ度の平均: 5.0
5 楽しく読めて判りやすく、勉強になるお話がいっぱい

 

昨日は、Life net社長の出口さんの新著「『思考軸』をつくれ」の出版記念講演会に行ってきました。

空いている前の方の席に座ったら、出口さんの控えの席のすぐにうしろ!

ラッキーなんですが、ちょっと緊張しました。

さて、当の講演なのですが、一言で表すと田邊は

「感動」

しました。

言い得て、妙。
すべての言葉が易しく、しかしその源泉は深く、
サラリと本質を突き、しかし相手を傷つけない。

さらに!!抜群のユーモア!!

現在62歳の方ですが、ユーモアたっぷりの話をされるときはまるで少年でした。

スティーブ・ジョブズのプレゼントはまた一味違った、
でもとても引きつけられる講演でした。

内容は、思考軸の原点となる読書について。

その中から、3つとても印象に残った言葉を。
これは、読書とはあまり関係がないのですが。。。(汗


「人間みんなちょぼちょぼ」

政治家や官僚が凄いわけではない。
同じ人間として、大して差はない。
みんなが凄い人だと思っているから、彼らに過度に期待しすぎる。
人間はみなちょぼちょぼ。
そのくらい謙虚に物事に当たるほうが、良い判断に結びつく。



「政治家は、10㎏の重りとベビーカーを引いいて、1日でいいから生活して欲しい」

実践してみると、どれだけ東京がバリアフリーでないかがわかる。
その町を見れば、日本がどれだけ子育てに真剣でないかわかる。
子育てに真剣でないことがわかれば、子どもが生まれなくなる。
考えてわかるものではない、実際にやって欲しい。


これは、行政マンとしても少し耳に痛い言葉でした。
確かに、東京はまだまだインフラ整備が足りない。
女性が安心して子育てするには、安全・安心・楽ちんなまちづくりが不可欠です。

これは、子育てにかかわらず、高齢化社会にも言えることです。
おじいちゃん、おばあちゃんが安全にかつ楽にでかけられる場所でなくては、
おじいちゃん,おばあちゃんなは近所に引きこもり、
健康にもよくないし、おじいちゃん、おばあちゃんがもつ莫大な資産が流通せず、
経済にもよくありません。

政治家も、車で移動せず、電車で異動してみたらいいと思います。
特に高齢の政治家は。有名な方は難しいかもしれませんが。

深く考えても仕方がない。直感は意外と正しい。
 考えてもわからなかったら、コインを投げて決めればいい」

直感は、大脳が意識の部分では当提携サインできないから、無意識の部分でグルグル計算して出てきた結果だと考えています。
だから、意外と正しい。でも、正しい判断をできるようになるためには、多くのインプットが必要です。
また、熟考しても仕方がありません。先のことはわからないのです。
2008年1月の新聞に、リーマンショックを予想したエコノミストはいませんでした。
そのくらい、さきのことはわからないので、あれこれ考えても仕方ないのです。
直感も浮かんでこなければ、コインを投げて決める。これもひとつの縁だと思います。



田邊も1回実験したことがあったのです。
エコノミストの予想というのはどれくらい当たるのか。
田邊が使ったのは、円高が進んだときに、「どこまで円高が進むか?」とエコノミストが予想する記事です。
「何月までにどれくらいになる」と著名なエコノミストが予想を載せるアレです。
結果は、、、

まー、誰も当たらなかったですね。w

そんなもんなんですよね。さきのことって。

「だから、直感を信じてやるのも悪くない。縁に任せるのも悪くない。
どうなるかわからないのだから」というのは、とても印象残りました。

この言葉が印象に残ったのにはもう一つ理由があります。

それは、「直感を生むためには、多くのインプットが必要だ」と、
いわば一種の釘を刺されたこと。
脳に、たくさんの選択材料を与えなければ、そして、数字とファクトとロジックを使い、
常に深い思考をしていなければ、いい直感も出てこないと。

いい直感は、日頃の賜物ですね。

あと、出口さんが、けっしてネガティブでななく、かと言ってへんにポジティブでもなく、
だけど不安は感じさせない独特のオーラで語ってくれた点も外せません!


余談ですが、直感と言えば、マルコム・グラッドウェルの「第1感」。
コチラも面白いので、是非!


第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
M・グラッドウェル
光文社
売り上げランキング: 4701
おすすめ度の平均: 4.0
5 虚心に本質を見抜く
3 日常の生活でも、もう少し直観力に頼ってもいいのかもしれない
5 早く読めばよかった
4 経験知における「ひらめき」についての書
4 直感の理由付けをしてくれる



昨日はもう一つ良いことがありました。
会場へは一人で行ったのですが、会場で知り合いに出会い、帰りに軽く一杯行ってきました。
そこで、出口さんの話から、選挙の話、いろいろ熱い話をしてきました。
とても満足感の高い夜でした!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/305-1ab29d36
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。