スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタマとカラダのバランスを整える

2009年10月08日 07:56

おはようございます。
今日は、ちょっとした気づきをメモとして。

もう先々週になるのですが、
連休中、昇進試験のため、こもって六本木ライブラリーで勉強していました。
ここは他にも勉強している人がたくさんいて、
いい刺激になったのですが、
周りの人たちを観察していると一つのことに気づきました。

それは、2つのタイプがあるということです。

1つは、寝ている人。
もう一つはウトウトしながら勉強している人。

これって結果として大きな差につながると思うのです。

100mダッシュして息が切れたら皆さん休みますよね?

でも、ものすごくアタマを使った後、ちゃんと休ませていますか?
たぶん、休ませている方は少ないと思います。

この差はつまり、疲れに対して対処できている人とできていない人の差です。

人は、体の疲れには敏感なのに、アタマの疲れには鈍感な部分があると思うのです。

田邊は、もっとアタマの疲れに対して敏感でもいいと思います。

走って疲れたら倒れこむように休むのに、
どうしてアタマが疲れた時は根性でどうにかしようとするのか、、、(笑

休んだほうがよっぽどリフレッシュして集中力も注意力も回復し、
仕事や勉強もはかどります。

アタマが疲れた時は寝るしかありません。

・・・とはいえ、仕事中なかなか寝られないですよね。
我々公務員の場合職務専念義務違反にもなっちゃいます。(汗

そこで、有効なのが昼寝です。
休み時間は寝るのは自由ですからね。
10~15分の仮眠は非常に頭の体力回復に有効です。
(※これ以上寝てしまうと深い眠りに移行していってしまうので、
  よくありません。仮眠は15分まででとめてください。)

それでも午後ちょっと眠くなってしまったら、
どうするか?
一番有効なのは目を休めることです。
目の上にハンカチを置いて光が入らないようにし、
目をつぶり目を休めます。

休み明けに刺激的な目薬などさすとすっきりします。

これだけでも随分と違いますよ!!

アタマの疲れにも敏感になってげて、
しっかり休ませ、集中力を持って頑張りましょう!!
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/201-2ce9791a
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。