スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションにも燃料電池が来る日が近い!!かも。。。

2009年09月30日 08:25

おはようございます。
今日は別の話題をアップしようと思ったのですが、
日経新聞のトップ記事が面白かったので急遽変更!!

NIKKEI NET(日経ネット):新日石と京セラ、家庭用の燃料電池を共同開発 11年度発売

新日本石油と京セラは家庭用燃料電池を共同開発する。小型で発電効率の高い次世代製品を2011年度に発売、戸建て住宅に加えマンションなどへの設置も可能にする。二酸化炭素(CO2)排出量が少ない燃料電池は環境保全の流れを受け、市場拡大が見込まれる。日本企業は家庭用で世界的に先行。パナソニックや東芝も異なるタイプの製品を発売しており、競争激化で価格が下がれば普及に弾みが付きそうだ。

 新日石と京セラが開発する燃料電池の発電出力は一般家庭の電力の約6割を賄える1キロワット級。固体酸化物形と呼ばれる次世代型で、当初価格は未定だが、12年度には実用化している固体高分子形と呼ぶ製品の現在の価格(320万円)より安い120万円を目指す。



従来の燃料電池は大型で、マンションなどの集合住宅には設置できませんでした。

それが、早ければ再来年には設置できるようになるかもしれないのです。

しかもカローラくらいの値段で!!!

人口が集中する大都市圏では、やはりマンションが多く、これからも増えていくでしょう。
しかしながら、マンションは太陽光発電パネルや燃料電池が置けず、
一般家庭に比べ、このような省エネ対策が難しかったと思います。

それが、近い未来に可能になるかもしれません!!

もちろん、発電所のように大規模に発電したほうが効率がいい場合と、
ここの家庭で発電したほうが良い場合とがあると思います。

これからしばらくの間は、地球全体での人類のエネルギーの消費量増えるでしょう。
できるだけ、効率をあげることが大切だと思います。

日本が世界に先駆けて進めていけると、
やはりなんかうれしいですね!!

次世代のためにも、エネルギー問題・環境問題、真剣に取り組まねばなりません。

ちなみに、こういう商品は大好きなので、
田邊は出たら買ってしまいそうです。w
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/197-d6279939
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。