スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タスクバーを立ててみる。

2009年09月01日 08:27

090901desktop.jpg


おはようございます。
9月に入りましたね。
急に気温が下がったりしますから、
皆さん体調を崩されないように気をつけてください。

さて、今日はタスクバーの位置です。

先日、IMEバーは画面上、中央真ん中というエントリーをしましたが、
IMEバーのほかにいつも場所が固定されているものがあります。
それはタスクバー。

IMEバーの位置を動かしてから、こいつもどうにかならないものかと、
幅を変えたり、自動で隠してみたり、位置を移動したりしました。

結果、一番しっくり来たのは、


「画面右側『縦』、自動で隠さず最小幅」


というものです。

これだと、タスクバー内のタスクは、
アイコン部分しか表示されません。

おかげで、タスク表示が多くできます。

また、どんなタスクを動かしているかは、
マウスオーバーすれば表示されるので不便ではありません。

この方法にしてしばらくたちますが、
不便はしません。

というよりもパソコンをいじっていると、
目は左右の動きより、上下の動きをよくします。

よって、画面下からかはずすことにより、
タスクバーが視界に入りづらくなり、ストレスが軽減します。

ただし、縦の最小幅だと時計がちゃんと表示されないので、
私は消してしまいました。
あまりあそこの時計は見ないので。

パソコンをいじり始めたころからずっとタスクバーは下に寝そべっているので、
縦にすると違和感があるかもしれませんが、
(私もちょっとはじめは違和感ありましたが…)
そういうものこそ「チェンジ!」です。(笑)
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/167-8cf82ccb
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。