スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイデアの出し方

2009年08月18日 08:24

おはようございます。

最近ちょっと思いついたことを。

最近ホテルに良く行きます。
といっても泊まるわけではなく、
朝食を食べたり、ラウンジで打ち合わせをしたり。

また、昨日出張ついでに通りがかりの文房具屋さんに寄りました。
そこで普段仕事に使う道具を購入。
例えばはさみとかステイプラーとか。
その場で出会って一目ぼれしたものから、前から目をつけていた
キラリと光るものを持った文房具を買いました。

この話がどうつながるかというと、
手の出る範囲でかまわないから「一流」のものや、
「とんがり」のあるもの(便利・かっこいいなど)を日常生活に織り交ぜていかないと、
いいアイデアは出ないのではないかということです。

だって、我慢して物を使ったりしていて、
「こうだったら便利なのに」なんて考えても、
たぶんもう少しお金を出したりすればその道具はすでにあるわけで。(笑

いうなれば、アイデアにはならないアイデア。

でも、元から磨かれて輝いているものを使っていて、
それでもなお欲が出てきて「こうしたらもっといいんじゃね!?」
って出てきたものはアイデアとしても輝いていると思うんですね。

つまり、何が言いたいかって言うと(笑、
背伸びをしない範囲でかまわないから、
キラリと光る逸品を日常生活に取り入れていくと、
アイデアだしの練習になって、いつか役に立つかもしれないと言うことです。

背伸びをしないことが大切です。

背伸びしちゃうと立ってるのがやっとで、考える余裕なんて出てこないから(笑
元の木阿弥になってしまいます。

はじめは役に立たないかもしれませんが、
小さいことの積み重ねで「基礎考え力」を鍛えておかないと、
いざって時に考える力って発揮できないんじゃないかなって、
私は考えています。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/157-2ae56f36
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。