スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これだけは守りたい接遇五ヶ条!!

2009年07月24日 08:20

おはようございます。

ちょっとサボってしまいました。

さて、今日は接遇についてです。

普段あまりテレビを見ないのですが、
先日テレビをつけたらエチカの鏡と言う番組がやっていて、
その中で「必ず売り上げをアップさせる接遇講師」という方の特集をやっていました。

その方がおっしゃっていた接遇5か条というのが、
非常に簡単ですぐに実践できるものだったので、
アップします。

一、 歯を出して笑え(笑顔を作れ)

歯を出すことに「え!?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、逆にとらえると、歯を出さずに口角をあげ、笑顔を作れる方って少ないですよね。
そう考えると、歯を出して笑顔を作ることは非常に実践的ですね!


一、人と違った挨拶をする

何か特別なことをするわけではありません。
例えば、普段お客様がいらっしゃった時は「いらっしゃいませ」ですが、
これを「ようこそいらっしゃいました」に変えるとか、
お客様が帰るときに「ありがとうございました」ではなく、
「またお越しください(ませ)」に変えてみるといった感じです。

一、お願いは疑問文でする

人にお願いする時に「~してください」と頼んでしまうと、
たまにトラぶってしまう場合もあります。
これを避けるには、疑問文でお願いすることが有効だそうです。
例えば荷物をどかしてほしい時に、
「荷物をどかしてください」とお願いするのではなくて、
「荷物を動かしていただいてもよろしいですか?」とお願いする感じですね。
これはちょっと極端な例ですが(汗

一、相槌は「、」ではなく「。」で打つ。

よく相槌を打つときも「、」で終わる、
つまり、まだ文章が続きそうな感じで、あいまいな感じで相槌を打つ方がいますが、
これはよくないらしいです。
ちゃんと「~です。」、「~ます。」で相槌を打つことが大切だそうです。


一、所作はOラインをはみ出さない(女性限定)

女性限定のものになりますが、体全体をO(オー)ラインで覆い、
そのラインからはみ出さずに動くと非常に綺麗に見えるらしいです。
実際テレビでは映像が出ていたのですが、
確かにその通りです。

よく公務員の接遇が悪いといわれますが、
たったこの5つを守るだけでも改善すると思います。

Oラインは別として、
私もできていない部分実践していきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/143-df8c8200
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。