スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレインストーミングを成功させるコツ

2009年07月19日 08:57

こんにちは。

金曜日アップできなかった分、珍しく日曜日にアップです。

さて、私、世話人Mと一緒に月に1回ファシリテーションの練習に行っています。
金曜がその会でした。

そこで、改めてブレインストーミングを参加者でやってみたのですが、
そこからいくつかブレストを成功させるためコツのようなものをつかんだので、
備忘録と共有のためにエントリーします。

1 始まる前に基本ルールの確認と刷り込み
  ブレストの基本ルール。
  「わかっちゃいるけど・・・」で結構守れなかったりします。
  これを改めて、始める前に全員で共有します。
  (1)判断先延ばし・・・ネガティブな判断は先延ばしする。
              つまり、批判はしない。
              「周りの人も知っているだろうなぁ」
              とか考えない。
              思いついたものは発言する。

  (2)突飛さを歓迎・・・突飛なアイデアを歓迎しよう!
              つまり、自由奔放に考える。

  (3)質より量・・・質にこだわらず、たくさんアイデアを出す。

  (4)他の人に便乗・・・他の人に便乗してアイデアをだす。
              既出アイデアを活用して、
              改善バージョンをつくる。


2 1回短時間で練習する

  例えば、「3分間でどれだけアイデアが出せるかやってみましょう!」
  と練習する。
  ブレストをやった時、失敗する大きな原因の一つは、
  いきなり実践してしまい、
  参加者全員の中に共通のイメージができていないことがある。
  これをなくすために有効です。

3 1回目のブレストをみんなで反省する。

  どうやったらもっといいブレストができていただろうと考える。
  これをすることによって、ブレストに対する共通のイメージと、
  問題点の解決を共有できる。

4 1回目の反省点をふまえて、もう一度実践してみる。
  今度は数目標を挙げてみる。(ex.100個あげてみましょう)

  でもこれもまだ半分練習。練習が終わったからっといって、
  いきなり本番は危険。
  もう一度改善バージョンを試してみる。

5 2回目を反省する。

6 2回目の反省点を踏まえて、3回目に臨む。
  やっとこれが本番。

7 備考 ●ホワイトボードにマトリックス表をつくり、
      今何個でたか一目瞭然にするようにする。
      ポストイットを使う場合もこの表は有効じゃないかなぁ。

     ●短時間で反復練習することが大切。強化学習に近い感じ。

と、こんな感じです。
いかがでしょうか?

もっとこうした方がうまくいくよというコツがあったら、
ぜひ教えてください!
コメントよろしくお願いします!!
     
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/142-5a9b0623
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。