スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界に目を向けよう!!

2009年07月03日 08:18

We can CHANGE!! P.R.oject BBS開設しました!!


おはようございます。

今日は、公開講演会のお知らせです。

明日、Nonpaにマザーハウスの山崎さんがお見えになりますが、
マザーハウスともゆかりが深い、バングラディッシュに関する公演です。

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科主催で行われます。

年休を取らなければなりませんが、
貴重なお話を聞けるかとおもいます。

http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/sd/


*********************************
「バングラデシュ ビジョン2021における政治・経済と医療の新動向」
日時 2009年7月6日(月) 16:00~18:00
場所 池袋キャンパス 11号館A203号室


講師
■ハルン・オル・ラシッド氏(ダッカ大学教授)
ダッカ大学政治学部教授。専門は政治過程論。軍事、言語、民俗、宗教、政党、行政といった多様な層からバングラデシュの政治を研究するとともに、バングラ・アジア学会における編集活動や事務局にも数多く携わってきた。1983~1985年までバングラデシュのチッタゴン大学において、1995年より現在に至るまでダッカ大学において教鞭をとる。主要な著作は『バングラデシュの夜明け:バングラ=ムスリム同盟とムスリム政治1906-1947』、『ベンガル政治の内側1936-47年』など。

■アブル・バシャール・モハマド・ファルク氏(ダッカ大学教授)
ダッカ大学薬学部教授。薬品の品質管理について研究してきたが、現在は薬品をめぐる多様な問題に取り組んでいる。一方で、保健・衛生問題には教育に加え貧困層の経済的向上が必要であると考え、これら両方面からの解決策について研究・実践活動を行っている。自らもNGOを主宰する。主な著作は『Purity Poisoned』2007年、『Drug Industries of Bangladesh: Challenge
for the Next Decade』2002年など。

内容:
今日、バングラデシュは、インドに続く経済発展の可能性を秘めた南アジアの国として注目されつつある。独立以降、政治システムの不安定さ、災害と社会的インフラの脆弱さによって経済的停滞と貧困状況を抜け出せないままできた。
しかし、2008年12月の総選挙を経て、軍政から民政への移行が可能になり、平和裏に民主化のスタートができた。また、この数年、外国投資も順調に拡大しつつある。総選挙後のバングラデシュの政治・経済の新動向について検証するとともに、今後の問題点について語り合ってもらう。

司会:笠原清志(21世紀社会デザイン研究科・経営学部教授)
対象者:本学学生、教職員、校友、一般
受講:無料、申込不要
通訳:逐次通訳あり
通訳者:ナシル・ウッディン・ジョマダル(21世紀社会デザイン研究科特任教授)
問合せ先:AIIC(アイック)開設準備室(岡田・藤枝)
TEL:03-3985-2664
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://alltokyoseminar.blog55.fc2.com/tb.php/132-255ab2af
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。