スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性は席を譲ってくれない。

2011年02月19日 15:03

1187595_22141630_convert_20110219150216.jpg


妻が妊娠してまる5ヶ月が過ぎ、6ヶ月目に入りました。
だんだんとお腹も大きくなってきて、生まれてくるのが楽しみです。

で、妻が妊娠してから気づいたことがいくつかあります。

それは、

妊婦はお腹が大きくなる前、安定期前がかなりキツイ。

妊婦は、予想以上に疲れやすい

妊婦は、予想以上に精神的に不安定になる

ということです。

3番目については、ちょっと表現に誤りがあるかもしれません。
しかし、新しい命が自分の中に宿っていると、
赤ちゃんが無事育っているか、赤ちゃんに悪影響はないかと、
男性の想像以上に神経がはります。
その緊張からどうしても不安定になりがちです。

これらのことは、妻が身近にいて、始めて知ったことでした。

そして、多くの男性がこのことを知らないのではないかと思います。

最近、妊婦さんは、「おなかに赤ちゃんがいます」キーホルダーを下げています。

妻もご多分にもれず下げているのですが、
朝の通勤時、一緒に通っていると、席を譲ってくれるのは、すべからく女性です。
男性に譲ってもらったことは一度もありません。

女性は、キーホルダーを見るやいなや、
「どうぞ」と、親切に譲ってくださいます。
多分ご自身にもその経験があったり、まだ産まれてない方も女性特有の辛さというのを共感できるのでしょう。

翻って男性は、見つけても、
そのまま新聞を広げてしまったり、寝入ってしまったり。。。

田邊自身、その経験がないかといえば嘘になります。

おなかの大きくない、キーホルダーを付けた方を見たときは、
「まだ重たくないから大丈夫だろう。僕も作業したいし」と席を譲らないことがありました。
悪意があってのことではありません。
「大丈夫だろう」と思ってしまうのです。
その原因は知らないことにあります。

前述の男性陣も、悪意があるわけではなく、単に知らないだけだと思います。

妊婦の大変さというのは、妊婦が近くにいないとわからないものです。

近くにいても、「本当にそこまで辛いのか」と思ってしまったくらいです。
でも、本人は、傍からは嘘にみえるくらい、すごく辛い。

男性にこの辛さはわかりません。

今僕に出来ることは、妊婦さんを見たら率先して席を譲ってあげること。

そして、妊婦って辛いんだってことを、さりげなく伝えていくことだと考えています。

これを読んでくださった特に男性の方、
もし妊婦さんを見かけたら席を譲ってあげてください。
スポンサーサイト

ビジネスブックマラソンでは絶対に紹介されない名著

2011年02月16日 08:08

大層なタイトルをつけてしまいましたが、
事実そうなので、思い切ってつけてみまた。

紹介する本が、ビジネス書の類には入らないので、
BBMで紹介されるはずもないのですが。w

まずは、紹介しましょう。紹介したいのは、こちらの本です。
リリー・フランキー著 エコラムです。




 内容紹介伝説のコラムが今蘇る。 ポパイの連載5年分がギュッと詰まった、全108編504ページの超大作! 「意味もなく甘酸っぱく、理由もなく切ない。」  もしかしたら、こんな言葉で集約されるのかも知れません。人間の煩悩と同じ数の108編にまとめられた、リリー・フランキー待望のコラム集です。  あのベストセラー『東京タワー オカンとボクと、ときどきオトン』から、まさに5年振りの単独著書!!  小社『ポパイ』で毎号読者を釘付けにした超人気コラム「SEARCH&DESTROY Lily Frankyの土足御免」がついに単行本化。絵とコラムだから、『エコラム』。エコとは全く関係ないが、504ページのスーパーボリュームで、1600円はある意味エコ!? リリー曰く 「トイレで読めば、半年は持つと思います」  あるときは抱腹絶倒、またあるときは切ない気分に、はたまた、下ネタがいつの間にか納得の人生論に!? まさにリリー・フランキーの真骨頂、リリー節炸裂!  読んでいるといつの間にか元気になったり、悩んでいることが「バカバカしく」なったり、失恋の痛手が「すぅー」っと消えていたり、なぜか人生が楽になってくるのです。  リリーを巡る仲間たちの、小説より奇なりな物語はきっとあなたを虜にさせます。『エコラム』で流行語大賞を狙う?




コラム集を名著と言うには、抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが、
田邊が名著と言った理由は、ただひとつ。

面白い。

世界で最も良い薬とされている物。
幸せを感じている瞬間。
楽しい時出てくるモノ。
なくては生きていいけないもの。
人の表情の中で一番素敵な表情。

これらに共通するのが、笑いであり、笑顔です。


声を出して笑わずにはいられない、リリー節。
のくせして、リリー独特の人間観察眼による鋭い分析。

これを提供してくれる本著は、間違いなく田邊の中では、名著。

ちなみに、美女と野球も最高に面白いです。

ただし、ちょっと下品なところもあるので、
そう言うのが嫌いな方は、避けてください。w


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。