スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税の意識

2010年07月14日 20:39

100714tax_convert_20100714203805.jpg


本日(7月14日)の毎日新聞朝刊「記者の目」というところに面白い記事があった。
補助とか手当とかいう言葉をやめて「○○税」と言えば、国民の税意識を高めるのに一役かうのではないかというのだ。

著者はアメリカ在中の記者だ。

アメリカでは、非常に納税者意識が高く、例えば、子ども手当や高校無償化の話をしたとき、
「それはいったい誰が払うのか?」と質問が来るらしい。
そして、「政府だ」と答えると、「つまり税金ね」としつこく訂正をされたらしい。
(アメリカではというのはちょっと大きすぎるかもしれないが、少なくともアメリカにはこれくらい納税者意識が高い方がいるということだ)

この意識の差は、建国というか、その国の成り立ちに大きく依存するところはあるだろうが、
しかし、それを差し引いても、納税者意識というのは日本人にとってはもっと必要な気がする。

政府から出されるサービス、是即すべて「税金」なわけだ。
以前、たばこの税が上がるときに、猪瀬副知事がタックスペイヤーとしてしっかりと意見を言ったほうがいいと言っていた。
増税したらタバコの消費が減り、もって税収が減るというのだ。
この発言自体は、たばこによるソーシャルロスを全く考えず、喫煙者の一方的で恣意的な意見で、ロジックに欠け、的を射ておらず、本旨的には例示に向かないが、タックスペイヤーとしての意識を国民が持つという表面的な主張は正しいだろう。

なぜ、納税者としての意識が必要か?

無党派層が政治に関心が今よりも向くことが期待できるからだ。

サラリーマンは源泉徴収制度により、税金が差っ引かれた給料が手元に入る。
そしてその後、子ども手当やら保険金の控除やらでお金が返ってくるのだから、納税者としての意識は薄いだろう。

これが、後払いになるだけで、かなりの効果が出てくると思う。

自分で現金で納めるわけだから、それが社会的に同還元されていくのか、多少なりと関心をもつのではないか。
子ども手当にせよ、払った税金が再分配されたという意識が出てくるのではないか。

以上のような理由で、源泉徴収はやめ、全員確定申告にすべきだと主張する。
官庁にとっては源泉徴収はすばらしい制度だが、愚民化政策…これは言葉がきつすぎるかもしれないが、国民の目をそらす源泉に他ならないと思う。
そして源泉徴収にするだけでなく、複雑な税体系から脱却し、シンプルな税体系に抜本改革すべきだ。
そうしなければ、トーゴーサンなどと呼ばれる納税格差も埋まらない。

田邊は、実効税率をさげ、一切の控除をなくし、フラット税制にすべきだと考える。

実効税率を下げれば税収が下がると言われるかもしれないが、実はそうではない。
出典を書かないのはルール違反だが(ごめんなさい、憶えていないのです)、事実、累進課税を高く設定しても低く設定してもGDPに占める税収の割合というのは、フラットであるというデータすらある。

仮に所得税10%と設定したら、無条件で年収の10%を納めればいいのだから、簡単だ。

こうすることで、官庁の権限も縮小され、小さな政府の実現に一役買う。

話をまとめると、フラット税制、控除廃止、国民全員確定申告にすると、納税者意識の高まりから政治的関心が高まり、もって政治家の政策判断も今より改善されることが期待できると考えている。

追伸
国民全員確定申告を実現するには、いわゆる国民背番号制の導入が必要だ。
スポンサーサイト

都庁職員よ、考えるな、iPhoneを持て!

2010年07月13日 21:21

100713iPhone4.jpg


最近やっとスマートフォンが売れ始めていますが、それでも携帯電話は、通話とメールができればいいという方も多いですね。
が、それは違います。

メールができたばかりの頃は、電話は電話でしょなんて言われていたと思うのですが、今や、電話とメールはセットになりました。そしてテレビとカメラもセットです。

同じように、もう少しで、携帯は電話とメールとカメラとテレビを身近に置くだけの機械ではなくなるはずです。

カメラとテレビが携帯で受け入れられたのは、それぞれすでに我々の生活の中に溶け込んでいて、使い方を知っているものだったからだと田邊は考えます。

しかし、スマートフォンと呼ばれる新しい携帯は違います。

スマートフォンは自分で使い方をカスタマイズしなければならないのです。
従来の携帯のように与えられた機能を使うのではなく、自分で、自分用に機能を付加してかなくてはならないのです。ですので、従来の携帯と使いかってが違い、使い方がわからず、今までの携帯で十分というようになるのでしょう。

しかし、ここがスマートフォン最大の強みなのです。

従来の携帯は、買ったらそれ以降、機能が進化することはありませんでした。
それでは、いくら発売当初便利であったとしても、ちょっとしたらあっという間に時代遅れのものになってしまいます。

スマートフォンは違います。アプリをインストールすれば、いつでも好きな機能を手に入れることができるのです。

そして、好きな機能をインストールできるということは、今までいろんなツールに分散して管理、使用してきたものがスマートフォンひとつに集約されてるということです。

これからは、今まで想像もしなかった圧倒的な道具量と情報量をポケットに入れて持ち運べる時代なのです!



しかし、これではタイトルの強い言い方に対してインパクトが小さいですね。
「便利ですよ~」しか言っていません。


持て!というくらいですから、まだ理由があるわけです。

それは、デジタルへの代替に慣れるということです。

確かにデジタルに代替できないものもありますが、大多数の書類はデジタルに代替できるはずです。
デジタルのほうが圧倒的に保存性に優れ、検索性にすぐれ、保存空間的にも優れています。

しかしながら役所は未だ紙天国。

その理由は、IT・デジタルに対するノウハウとスキル、ナレッジの不足です。

特に中高年世代、つまり現在管理職等で仕切る側の人間が非常にITに対して鈍感であるために、一向にITの活用による効率化が進まない理由だと考えています。

今やITはメールして、ネットサーフィンが出来ればいいという時代ではありません。

ITにいは様々な問題を解決できる可能性がまだまだ秘めれています。

それなのに、ITは小難しいからということで、最先端の技術に触れず、使い方もわかず、旧来のやり方をずっとやっていくというのは、それこそ税金の無駄遣いです。

この意識を変えるためにも、手元にスマートフォンを持ち、ITの可能性を理解し、仕事の効率化に積極的になってもらいたいと思います。

ちなみに、タイトルでスマートフォンではなくiPhoneとしたのは、そのほうがインパクトがあり分かりやすいかなぁというのと、田邊自身スマートフォンはiPhoneしか使ったことがないからでした。w

どうなる、通常選挙!?-国の責任は国民にあり!!-

2010年07月10日 18:05

100710選挙



いよいよ、明後日に通常選挙が迫ってきました.

本日の新聞によると、民主苦戦、みんな躍進と出ています。

この状況を憂えずにはいられません。

なぜなら、政権が交代し、少しは国民が国政に関心を持ったかと思っていたのですが、何も変わっていない証拠でもあるからです。

郵政選挙の時は、小泉か他の自民党か選択肢を国民に与え、小泉人気を背景に徹底的にいわゆるB層に選挙活動をしました。

そして、前回の民主が対象した総選挙では、Yes,民主ではなく、No!自民から民主党が大勝しました。

要するにここまで与えられれた二択を、国民は消去法で選んできたと言って過言ではありませんl。

そして、政権が交代し、10ヶ月。
もうあの時の人気は民主党にはありません。

そして、No自民、No民主となった今、キャスティングボードを握っているのが、一足先に非両党となったみんなの党です。
政策的にはまったくダメだと思いますが、前回までの選挙よろしく、消去法で生き残ったのがこの党です。

郵政選挙、政権交代選挙から国民は何を学んだのでしょうか?

国民は、政治家に責任感が欠けているといいますが、それを選んでいる我々自身に責任が欠けているとは思わないのでしょうか?

民主党を選んだのは、我々国民です。
期待を裏切られたというのもわかります。
言ったことをやってないというのもわかります。
しかし、やってみてだめになることだって多々あります。

自分たちで選んだんですから、選んだ責任をもう少し転嫁せずに持ったほうがいいと田邊は思うのです。

責任を転嫁しないためにはどうすればいいか。
リテラシーです。
新聞やテレビで流れている情報を鵜呑みにして、それで投票するのではなく、自分で調べて投票するのです。
しかし、,問題はリテラシーを身につけることではありません。
これは、訓練、勉強すれば身につきます。

問題は、どうやれば、そういう行動をとってもらえるかなのです。

動機づけの問題なので、簡単に答えは見つかりそうにありませんが、ひとつは歴史を認識することだと考えています。

選挙権は現在は当たり前に与えられていますが、元は市民が戦い勝ち取った権利です。
現代ではあたりまえだが、それは先人たちの努力があったからである。その権利を無駄にするのか?という意識を持つことがひとつの解決手段ではないかと思います。

もうひとつは、国民が過度に政治家に期待しないこと。
選挙に行かない人が大勢いますが、その人達は、政治家にベストを求めるから、行かないのだと思います。

政治家だって人です。そこまで抜きん出た人はいません。ましてや、2世議員にまともな人がいないのが現実です。そして、それを当選させているのは我々であるというのも事実なのです。

選挙は、ベターを選ぶ手段だと田邊は考えています。

そして、最後に愛郷心。
一人ひとりが日本を思う気持ちを育むことだと考えます。
「一身独立して、一国独立す」
まさに、これ。

いよいよ、投票日は明日。
どうなるか楽しみです!

途中、熱くなって、ちょっと論理展開がおかしいかもしれません。
すみません。

・・・追伸

明日はイベントが多いですね。
ワールドカップも決勝だし。

Life net社長出口さんの講演会に行ってきました!!

2010年07月10日 17:11

「思考軸」をつくれ-あの人が「瞬時の判断」を誤らない理由
出口治明
英治出版
売り上げランキング: 503
おすすめ度の平均: 5.0
5 楽しく読めて判りやすく、勉強になるお話がいっぱい

 

昨日は、Life net社長の出口さんの新著「『思考軸』をつくれ」の出版記念講演会に行ってきました。

空いている前の方の席に座ったら、出口さんの控えの席のすぐにうしろ!

ラッキーなんですが、ちょっと緊張しました。

さて、当の講演なのですが、一言で表すと田邊は

「感動」

しました。

言い得て、妙。
すべての言葉が易しく、しかしその源泉は深く、
サラリと本質を突き、しかし相手を傷つけない。

さらに!!抜群のユーモア!!

現在62歳の方ですが、ユーモアたっぷりの話をされるときはまるで少年でした。

スティーブ・ジョブズのプレゼントはまた一味違った、
でもとても引きつけられる講演でした。

内容は、思考軸の原点となる読書について。

その中から、3つとても印象に残った言葉を。
これは、読書とはあまり関係がないのですが。。。(汗


「人間みんなちょぼちょぼ」

政治家や官僚が凄いわけではない。
同じ人間として、大して差はない。
みんなが凄い人だと思っているから、彼らに過度に期待しすぎる。
人間はみなちょぼちょぼ。
そのくらい謙虚に物事に当たるほうが、良い判断に結びつく。



「政治家は、10㎏の重りとベビーカーを引いいて、1日でいいから生活して欲しい」

実践してみると、どれだけ東京がバリアフリーでないかがわかる。
その町を見れば、日本がどれだけ子育てに真剣でないかわかる。
子育てに真剣でないことがわかれば、子どもが生まれなくなる。
考えてわかるものではない、実際にやって欲しい。


これは、行政マンとしても少し耳に痛い言葉でした。
確かに、東京はまだまだインフラ整備が足りない。
女性が安心して子育てするには、安全・安心・楽ちんなまちづくりが不可欠です。

これは、子育てにかかわらず、高齢化社会にも言えることです。
おじいちゃん、おばあちゃんが安全にかつ楽にでかけられる場所でなくては、
おじいちゃん,おばあちゃんなは近所に引きこもり、
健康にもよくないし、おじいちゃん、おばあちゃんがもつ莫大な資産が流通せず、
経済にもよくありません。

政治家も、車で移動せず、電車で異動してみたらいいと思います。
特に高齢の政治家は。有名な方は難しいかもしれませんが。

深く考えても仕方がない。直感は意外と正しい。
 考えてもわからなかったら、コインを投げて決めればいい」

直感は、大脳が意識の部分では当提携サインできないから、無意識の部分でグルグル計算して出てきた結果だと考えています。
だから、意外と正しい。でも、正しい判断をできるようになるためには、多くのインプットが必要です。
また、熟考しても仕方がありません。先のことはわからないのです。
2008年1月の新聞に、リーマンショックを予想したエコノミストはいませんでした。
そのくらい、さきのことはわからないので、あれこれ考えても仕方ないのです。
直感も浮かんでこなければ、コインを投げて決める。これもひとつの縁だと思います。



田邊も1回実験したことがあったのです。
エコノミストの予想というのはどれくらい当たるのか。
田邊が使ったのは、円高が進んだときに、「どこまで円高が進むか?」とエコノミストが予想する記事です。
「何月までにどれくらいになる」と著名なエコノミストが予想を載せるアレです。
結果は、、、

まー、誰も当たらなかったですね。w

そんなもんなんですよね。さきのことって。

「だから、直感を信じてやるのも悪くない。縁に任せるのも悪くない。
どうなるかわからないのだから」というのは、とても印象残りました。

この言葉が印象に残ったのにはもう一つ理由があります。

それは、「直感を生むためには、多くのインプットが必要だ」と、
いわば一種の釘を刺されたこと。
脳に、たくさんの選択材料を与えなければ、そして、数字とファクトとロジックを使い、
常に深い思考をしていなければ、いい直感も出てこないと。

いい直感は、日頃の賜物ですね。

あと、出口さんが、けっしてネガティブでななく、かと言ってへんにポジティブでもなく、
だけど不安は感じさせない独特のオーラで語ってくれた点も外せません!


余談ですが、直感と言えば、マルコム・グラッドウェルの「第1感」。
コチラも面白いので、是非!


第1感  「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)
M・グラッドウェル
光文社
売り上げランキング: 4701
おすすめ度の平均: 4.0
5 虚心に本質を見抜く
3 日常の生活でも、もう少し直観力に頼ってもいいのかもしれない
5 早く読めばよかった
4 経験知における「ひらめき」についての書
4 直感の理由付けをしてくれる



昨日はもう一つ良いことがありました。
会場へは一人で行ったのですが、会場で知り合いに出会い、帰りに軽く一杯行ってきました。
そこで、出口さんの話から、選挙の話、いろいろ熱い話をしてきました。
とても満足感の高い夜でした!!

モチベーション3.0

2010年07月06日 07:14

100706モチベーション3.0


おはようございます。

今日は本の紹介です。

とはいえ、まだ発売前で田邊も読んではいないのですが、
かなり期待大なので、紹介します。

その本はこちら、
「モチベーション3.0」ダニエル・ピンク著です。

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
ダニエル・ピンク
講談社
売り上げランキング: 29


読んでないのにおすすめするのもどうかと思いますが、
ダニエル・ピンクの前作「ハイコンセプト」はかなり面白く、勉強になりました。

その著者が今度はモチベーションについて書くというので、コレは読まずにいられません。

モチベーションは、ビジネスマンにとって共通のひとつの課題だと思います。

欲しい時に出てこなかったり、長続きしてもらいたいのにしなかったり。

この本を読んで、劇的に変わるとまでは思いませんが、
きっと一助にはなるはずです。

心の火が消えかけている方は、ぜひ、手にとってみてください!

マニュフェスト総論

2010年07月04日 17:22

政党のマニュフェストを読み終わりました。

今回読んだのは、民主党、自民党、みんなの党、たちあがれ日本、日本総新党の5つです。

読んでみてまず実感したのが、各新聞などに載る各団体によって付けられた、
各政党のマニュフェストの点数の不明確さです。

新聞には、結果の点数しか載りませんが、大本の21世紀臨調のページでは、各団体が出した報告書を見ることができます。

政権実績・参院選公約検証大会-21世紀臨調主催-

点数は、形式と内容の合計点でつけられます。
形式とは、行程表が付いているかなど、マニュフェストの形式のことを言います。
なんとコレが、内容と同じ点数配分で構成されているのです。

しかも、具体的に点数を付けているのは8団体全部ではありません。

それでいて、平均点をだし、民主・自民政策評価拮抗というのは、なんとも乱暴としか言えません。

各団体の報告書を読むと、なんとなく、その得点の根拠もわからなくはないのですが、そもそもマニュフェストには「こうします」は書いてあっても、「どうやって」は基本的に書かれていません。

ゴールしか書いていないものでどこの政党がいいかを評価するなんて、それこそおかしい。

それに、点数は、基本的に支持している政党を加点評価しているので、はっきりいってなんのメルクマークにもなりません。

と、愚痴っぽくなってしまいましたが、とにかく、あの点数というのは「信じない方が良い」。
コレにつきます。

そして、各政党の田邊成の評価を。
一言で表現するのも乱暴ですが、感じた印象を一言で表現したいと思います。

民主党・・・載っている政策は少ない。しかし、そこを重点的にやっていくということなんだろう。制度設計をもっとできる政党になってもらいたい!

自民党・・・ターゲットを決めて取り組むという割には、政策がかなり総花的。民主党のような現金給付政策は目立たないものの、コレも一種のバラマキでは?

みんなの党・・・大半が現行体制批判。

たちあがれ日本・・・考えた方が古い。悪い意味で保守。若者を育てると言うが、若者と意識がずれている。歌まで作っちゃったし。


日本総新党・・・首長だったときは、それぞれ批判もあったかと思うが、その実務経験が活きているマニュフェストだと思う。国家ファンドの創設は、使途が減税となっているところが残念な気もするが、ぜひ実現してもらいたい!

マニュフェストのレベルを上げるには、まず、我々国民の関心を挙げなくてはならないと思います。

マニュフェストを読んだ誰かの評価をなんとなく鵜呑みにして、それを元に投票に行くのではなく、
自分自身が、国家の一員であることの責任を忘れずに、自分の頭で考えて、投票してもらいたいと思います。

いつの日がマニュフェストが、対政府の批判書ではなく、各政党が色を持った政策書をだしてくる日を祈って。

手ごろな卓上電子メモが登場!!

2010年07月02日 06:59

100701マメモ


おはようございます。

最近は各政党のマニュフェストを読んでますよ!もう少しで読み終わるので、そしたら感想をエントリーしますね!

今日は、また、滞ってしまったので、軽い話題をば。
キングジムから「マメモ」という新しい電子メモが出ますよ!
機能はいたってシンプル。
専用のペンで画面をなぞって、メモを取るだけ。PCとのリンクもありません。
ただし、アラーム機能がついているので、TO DOリストとしては使えるようですね。
単4電池3本で動きます。
大きさは、ポストイットのLくらいです。
はじめ、PCとリンクしないのかァ思ったんですけど、
子の大きさに書くメモって大概対大した情報ではありません。
誰かに伝えたら捨てる、忘れるものがほとんどです。
そう考えるとPCは過剰装備になるのでいらないですね。
ポストイットが、無駄にならず、エコかもしれないですね!

卓上メモ「マメモ」 | KINGJIM


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。