スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再生医療の最先端

2010年03月30日 08:17

再生医療


おはようございます。

おととい、NHKで再生医療の特集をしていました。
見ていたら、本当の驚きの連続でした。

四肢の再生はヤモリのような限られた動物でしかない能力であると思っていましたが、
現在の医学では、人間も四肢を再生することが不可能ではないことがわかってきたというのです。

その治療に使われるのが、細胞外マトリクスと呼ばれれる物質です。
特集では豚の膀胱を、特殊な液に浸し、細胞を取り除き、残った部分を乾燥させて粉末状にしたものでした。

それを切断された指にかけると、なんと指が再生したというのです。

現在、どうして再生するのか、副作用があるのかなど詳しいことはわかっていない模様です。

仮説として、この細胞外マトリクスが幹細胞に働きかけ、再生するのではないかと考えられているそうです。

この幹細胞が、再生医療の重要な研究のひとつになっています。
さまざなな細胞に変化する幹細胞が、再生医療のキーになると考えられているのです。
現在では、臨床試験として、体脂肪から幹細胞を取り出し、乳がんの摘出手術で変形してしまった乳房に注入して形を戻す治療などがされているようです。

さらに、難病の子供の治療のために、免疫の型のあった健康な子供をもう一人作り、その新しくできた子の免疫を使って治療するという方法もあるそうです。
(この子供を救世主兄弟と呼ぶそうです)

医療技術が進につれて、倫理上の問題が多数発生してくるかと思いますが、諸外国に向けて日本はオープンな議論がされていない印象を受けます。

アメリカでは医師と患者の良心を尊重し、イギリスでは厳格な規制を設ける動きになっているそうです。

日本でも、この議論はもっと活発に行なっていかなければならないのではないかと思いました。
スポンサーサイト

労働力人口が6割を切ってしまいました。

2010年03月24日 08:26

100334労働市場


おはようございます。久々の更新です。

ちょっと前の新聞記事になってしまうのですが、日本の労働力人口が6割を切ったという記事が出ていました。

労働力人口とは、生産年齢人口 (労働に適する年齢すなわち満15 歳の人口)のうち、労働の意思と能力を有する人の数をいう。就業者と完全失業者の合計数であらわされる。生産年齢人口に対する労働力人口の比率を労働力率を言います。

つまり、単純化すると、6割弱の人で残りの4割を支えなくてはいけないことになります。

このまま事態が進めば、労働力人口が5割になってしまうことも考えられます。

そうならないためにも、労働市場の流動化と裾野を広げる必要があります。
また、多様な働き方を進めていく必要もあります。

一番の市場は、女性ですね。
高等教育を受けていても、結婚・出産を機に仕事をやめてしまう方はいまだに多くいます。

これには、ご本人の希望だけではなく、会社や社会いのあり方も大きく関わっていると思いますので、変革が必要ですね。

今のままでは投資に対する回収が悪すぎます。

今後もひとつの重要テーマとして考えていきたいと思います。

イクチョウ誕生!!

2010年03月12日 07:45

100312育児


おはようございます!

さて、昨日の新聞の多くにこんな記事がのっておりました。

文京区長 育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

成沢文京区長が首長で初めて育児休暇を2週間取るというものです。

やはり賛否両論あるようですが、田邊は賛成ですね。

理由は、以下の3つ。

1 男性が育児をすることにより、女性の産後の社会進出を後押しできる

2 育児の楽しさ、大変さを夫婦で共有することで、男性の仕事依存度が下がり、家庭で過ごす時間が増えることが見込まれ、それにより子供の非行等の問題の減少が望める。

3 より子供を生みやすく育てやすい環境づくりが促進され、少子化の改善や生産性の向上が望める。
※現在の制度は概して育児をしたことがない男性が、アンケート等をもとに作られていることがおおい。当事者として参加することにより、現在より実効性のある制度が作られることが望まれるということ。


今回のケースの場合、成沢さんが区長という立場であることから賛否両論を生むとはたしかに思います。

危機管理はどうするのか?

2週間、区政の重要案件の決定を下すことができず、区政が滞おってしまうのではないかなどです。

しかし、これらはナンセンスな議論だと思うのです。

育休であれば自宅で過ごしているはずです。すぐに帰ってくることが出来ない辺境の地へ行ってしまうわけではありません。

万が一、地震等が起きた場合であれば、区長は自身の家族と区民を守るため執務に戻るでしょう。

また、区の重要案件の決定等についても、従来の考え方だから心配になるのであって、ITを使えばいくらでも解決策を考えることができます。

在宅勤務は10年前と比べても,遥かにしやすい環境にあると思います。

育児休暇中ですので、むやみに携帯電話などで捕まえてしまっては休暇そのものが意味をなくしてしまいますが、毎日定時のオンライン会議程度であれば育児休暇にも差し支えないはずです。

このように、育児休暇も、単に育児のために休むだけの休暇とせず、どういう休暇のとり方にするか、仕事との距離感など、柔軟に対応していくことが今後重要になってくると思います。

休暇=仕事を休むという単純定義ではなく、多様な休暇のあり方で、対応することによって、より子供を生みやすく、育てやすい環境になると考えます。

子供は社会の宝です。
しいて言えばその夫婦だけの宝ではありません(もちろん、夫婦にとっては一番の宝であることはいわずもがなです)。
社会全体として子供を育てながら働きやすい環境を作らなければ、日本の国力は落ちる一方です。

成沢文京区長の育休取得、「パフォーマンスだ!」とか斜に構えずに、社会に一石を投じるものとして一考の助として捉えていただきたいですね。

区長にもこの体験をもとにした広義での男女共同参画施策を期待します!!

神奈川県の残業ゼロに注目してます!!

2010年03月10日 08:09

100310残業


おはようございます!

さて、来月から本格的に神奈川県庁が残業ゼロを実施しますね!
現在もプレで実施されているそうですが、変化は起きているようです。

中でも注目は、

1 資料作成は「70点主義」

2 カエルバッジで退庁管理の徹底

です。

仕事で資料を作ることは多々あるのですが、内部資料に時間とコストをかけることは本当にナンセンスなことだと田邊は思っています。
既存の資料ではだめなのか、体裁が少しくらい悪くても内容は伝わるのではないか、資料作成に係る人的経費と時間を潤沢なものとして捉えてないか(実際は希少なものである)など、疑問は浮かぶばかりです。

70点主義は、そのあたりをだいぶ改善出来るのではないでしょうか?
実際県庁でも、

部下「このような資料作成のため、本日残業したいのですが?」

課長「前回の資料で問題ないので、残業の必要はありません。」

などと言ったやりとりができたそうです。

もうひとつのカエルバッジは、退庁時間の意思表示。
課に3種類、定数が配られているそうで、
19時退庁→緑、20時退庁→黄、21時退庁→赤となっています。

課長が残業やむなしと判断したときに配られるバッジです。

時間のような見えないものを見える化することはいいことですし、管理職のマネージメント能力向上にもつながるのではないでしょうか?(下っ端がいうのも生意気ですが)

しかし、2つほど疑問があります。

ひとつは組合の対応。
もうひとつは議会の対応です。

現在、組合は残業不払いの恐れありということで懸念しているそうですが、むしろ組合なら、残業代不払いを心配するより、残業ゼロが守られることを懸念すべきだと思うんですね。
むしろ、組合も「知事が残業ゼロを表明しているんだから、みなさん、定時で帰りましょう!!」と呼びかける方が組合として普通なような。
残業前提にしちゃダメでしょって思うのですが、いかに。

もうひとつの議会の対応は、東京都としても見習いたいところがあるので一番注目です。

というのも、議会というのは、議員からの質問を受けて、行政側が回答するというまで、裏での作業がたくさんあります。
議員にどういう質問をするか聞きに行き、誰が答えるか決めたり、回答を何度も検討したり、それを取りまとめて全体に漏れが無いか確認したり、、、

議会開会最中は、議会担当者は徹夜で対応したりします。

これは政治的駆け引きもあるようで、議員が直前まで質問を出してくれないことによります。

これは神奈川県も同じだと思います。

真の残業ゼロは議会の協力もなくては達成できません。
どうやるのか注目です。

単純には、議会も協力していいと思うんですね。
我々の人件費も安くありません。
仮に残業代がゼロになれば、それが政策経費へ回せ、市民に還元されるのです。
是非、協力していただきたいと思います。

残業ゼロの効果はいろいろなところに波及すると思います。

残業ゼロは、いいことなのにやろうとすると必ず「無理だ」という意見しか出てきません。

しかし、オムロン創業者の立石社長の様に、
「できませんというな!どうやったらできるか考えろ!!」
って頭を動かした方がゼロに向けたアイデアは湧いてきますし、
永守日本電産社長のように
「すぐやる、必ずやる、できるまでやる」の精神で取り組めば絶対にできるとおもうのです。

実際に吉越社長時代のトリンプは残業ゼロを達せしたまま、
増収増益を達成しています。

きっと工夫次第で残業ゼロは達成できるはずです。

まだ東京都は本格的に動き出していませんが、
神奈川県にリーディングカンパニー(?)として頑張ってもらい(東京がそれになれないのは悔しいです)、全国にこの波が波及していけばいいなと思います!!

今週は大前週間!

2010年03月08日 08:20

100308アイデア


おはようございます。

こないだtwitterでもつぶやいたんですが、今週は大前週間と名づけて、大前研一さんの本を集中的に読みたいと思います。


同一著者の本を一気によむというのはなかなかいいです。

一度読んで理解出来ないことも、脳というのは不思議なもので繰り返し読むとそのパターンからおおよそ理解できるようになってきます。

大前さんの文章を集中的に読むことで、大前さんの考え方を少しでも吸収出来ればと思います。

その後、経済の本に移行しようかと。

自宅にスティングリッツ教授の本が何冊か積読状態になってしまっているので、それから手を付けたいと思います。

大前研一さんの本はコチラから!!

デフレと円高の何が「悪」なのか

2010年03月07日 11:07

こんにちは、今週末はあいにくの雨模様ですね。

今日は1冊の本をご紹介。

それはコチラ。




勝間さんの共同パートナーである上念司さんが書いたデフレ脱却に向けた意見書的新書。

プロフィールを見てびっくりしたのが、著者が経済学を独学で学んでいること。それでいて、内容は読みやすく、デフレと円高がなぜいけないのかということを論理的かつ歴史的に訴えていあます。


この本を読んで感じたのは、

1 今の日本経済がどれだけ間違って国民に理解されているか

2 現在の経済政策がどれほどこ効果が薄いか

3 現在の閉塞的経済も脱却の緒(イトグチ)はあるということ

です。

著者自身、また序文を寄せている勝間さんが言っていますが、この本に書かれていることは経済学の基本であり、学部レベルの経済学であるということ。

にもかかわらず、田邊は読んでいて知らなかったことも多く、恥ずかしいというか、公に携わるものとして申し訳ないというか、そんな念にかられました。

中には、この考えはちょっとというところがあったりしますし、また、上念さんの意見が100%正しい、これで日本経済を立て直すことができるとまでは思いません。

しかし、この本を読んで一番ためになったのは、自分がどれだけ経済をわかっていないかということ。

しっかりと経済勉強しなきゃなって強く思いました。

上念さんご自身も、経済学は独学。
経済学の本を読みあさって、勉強されたそうです。
負けていられません!!

余談ですが、田邊が司会などさせて頂く時、冒頭にいう「挨拶は人間関係の基本です。元気にもう一回いきましょう!」というセリフは上念さんのマネです。

ファイル名を有効活用せよ!!

2010年03月05日 08:18

100305ポストイット


おはようございます!

さて、今日はメモ系のハックをご紹介。

それは、テキストファイルのファイル名自体をメモとして入力し、必要なファイルと同じフォルダに保存しておくというハックです。

総務部門の仕事に多いと思うのですが、仕事をしていて、1年に1回しか出てこない仕事ってありますよね?

そんな仕事って、来年のためにちょっとしたメモを残しておきたくても、紙ではなかなかとっておけないし、read meみたいなファイルでは、そもそも見ることを忘れてしまいそう。

そんな時に、新しくテキストファイルをつくり、そのテキストファイルのファイル名自体をメモに使い、メモを残しておきたいファイルと同じフォルダに保存しておくと、そのフォルダを開けばメモが目に入るので結構使えます。
しかも、中身がないので1KBと非常に軽いのも魅力。

スティッキーズなど、付箋紙ソフトは便利ですが、Desktopにしか貼れません。スティッキーズの代わりにテキストファイルを使うような感じですね。

文字数は限られてしまいすが、重要なメモをファイル名に、付則メモを中身に書いておけばこのへんも解決できます。

メモしたことすら覚えていなくても、目に入って思い出すので、結構おすすめです。

角川も書籍を無料公開!!

2010年03月03日 08:11

おはようございます!
もっと早くにエントリーすべきだったのですが…。

先日、岩瀬大輔さんがご自身の書籍を期間限定で全編ダウンロード出来ることをお知らせしましたが、
3月1日より角川書店でも同じような試みが始まりました。

角川書店で読める本はコチラ。




ただ、岩瀬さんの場合と3つの点で違います。

1 発売までの期間、無料で読める

2 ダウンロードできない

3 つまり、コチラは純粋にマーケティング実験として行っている。

ダウンロード出来ないというのは結構不便です。
オンライン上でしか読めないので。
電子書籍なり紙書籍なりいずれにせよ、オフラインで読めることが本のいいところだと思うのですが。

これだと、全編公開しても、全編読ませない意図が見え見えですね。

とはいえ、今まで、ネット書店とリアル書店との違いで大きなものの一つに、立ち読み、中身を見てから買うことができないというのがありました。

期間限定であれこのような動きが加速し、ネットでも中身を見てから買うことができるようになれば嬉しいですね!

…その時にはリアル書店業界から、反発が来そうですが(もう来てるか。。。)


クラウド時代と<クール革命> | 角川歴彦

「生命保険のカラクリ(岩瀬大輔・著)が無料ダウンロードできます!!

2010年03月01日 08:20

おはようございます。

さて、現在文藝春秋社さんのホームページで岩瀬大輔さんの著書「生命保険のカラクリ」が1冊まるごとダウンロードできます。

『生命保険のカラクリ』(岩瀬 大輔・著)| 文藝春秋

岩瀬大輔さんは、コチラの本を拝読させていただいていらいファンになり、かつ、世代も近いこともあって、勝手にメンター的存在にさせていただいております。




岩瀬さんの略歴等に関しては、コチラにお預けするとして、今回の企画も本当に岩瀬さんの熱い思いが伝わってきます。

生命保険というのは、私も入っていますが、加入するときにどういうものに入ったらいいのか、調べるだけで骨が折れます。
というか、調べても調べてもなかなか分からない事だらけ。
というわけで、だいたいオススメされた商品に加入ということになってしまうと思うのですが、、、
絶対オススメ商品って割高な方が多いと思うんですよ。

めちゃくちゃ割高だったら、企業の信用を失ってしまうのでそこまでアコギなことはしないと思うのですが、
情報格差をいいことに多少は企業側の利益が大きいようなところに加入させられていると思うのです。

それをなくそうとできた生命保険会社がライフネットであり、情報格差をなくしたいという思いで書かれたのがこの「生命保険のカラクリ」です。

そして今回、もっと多くの方に知ってもらいたいと、書籍全ページをフリーで期間限定ですが公開ということになったようです。

この本、田邊も読もう読もうと思っていて、まだ買っていませんでした。
今回ダウンロードできると言う事で早速ダウンロードして、iPhoneへ。
早速拝読させていただきたいと思います。

GoodReaderを使えば文字の大きさもあまり問題なく、サクサク読めます。

岩瀬さんのblogでは「書籍は『フリー』になるか」というタイトルでエントリーされています。

今回ダウンロードして思ったのが、良い書籍であれば、やはり対価は払うべきであるということ。
読み終わってみて、対価を払うべきであれば、読了後でも本を購入したいと思います。
(たぶん、購入します(笑))

岩瀬さんのblogはコチラです。
書籍は「フリー」になるか: 生命保険 立ち上げ日誌


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。