スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Come see our latest creation.

2010年01月27日 08:23

100127apple.jpg


一昨年、iMacを買ってから、ハードはすっかりappleに傾倒している田邊ですが、今日はかなり楽しみな日です。

日本時間の28日午前3時(現地時間27日午前10時)からアメリカはサンフランシスコでappleの新製品発表会があります。

その発表会の招待状に書かれていたのが、タイトルの一言。
”Come see our latest creation.”

「最新の創造物を見に来てください」なんて、なんて粋!!


今回の発表会はタブレット端末の発表が有力視されていますが、その全容は明らかにされていません。
タブレット端末は過去にもありましたが、あまり成功しない端末でした。
今回、appleがどのような製品を完成させたのか、楽しみです。

タブレット端末のほかにもcore i5搭載のmacbook proやタッチパネルiMacなどの発表も噂されています。

ともあれ、明日の朝起来た頃には、新しい端末の情報がネットに溢れているはずです。
スポンサーサイト

ハイチに協力しよう!!

2010年01月26日 08:25

おはようございます。

今朝、itunesを開いたら、トップページにハイチ義援金を集めるリンクが貼ってありました。

金額は500円から20,000円まで。
ワンクリックでitunesに登録してあるクレジットカードから寄付できます。

阪神淡路大震災の時には、インターネットはまだ社会インフラと言えるレベルまでは普及していませんでした。
しかし、現在は社会インフラになり、多くの人がネットを使用し、世界がつながっています。
そのおかげで遠く離れた土地で起きた震災にも、
すぐにネットを通して支援することができます。

改めてネットの素晴らしさというか、
つながることの良さを感じました。

ネットが無かった時代には、義援金を集めるのも大変だったと思います。
初動にも今より遥かに時間がかかったと思います。
また、寄付するほうも、電話をかけたり、街中でたまたまやっている寄付活動にであったりしない限りは寄付をする機会というものが少なかったと思うのですが、ネットのおかげで簡単に自宅で寄付することができます。

また、名のある企業がやっているので、街中で行われている募金活動より信用があるのも、寄付する側にとってはメリットが大きいですね。

現在、googleもgoogle checkoutで、寄付を呼びかけています。

日本では古くから「困ったときはお互い様」精神があります。
遠い国で起きたことですが、多くの方が困っています。
僕らは500円で困るような生活は送っていないはずです。
500円でもできるだけ多くの方が協力していただければ、おおきな金額になります。

「わずかなら行動しないのも同じ」と行動することをやめずに、わずかでも行動しましょう!!

田邊もポチっとしました。

と、ついでに、現在itunesでHope for Haiti Nowというチャリティアルバムが発売されています。

豪華アーティストが参加しており、試聴せずに買ってしまったのですが、かなりいいです。

こちらも、利益はすべて寄付されます。
寄付はちょっととまだ敷居が高い方も、こちらならいけるんではないでしょうか!?
ぜひ、一度聞いてみてください!!

朝4時起きでテンションを上げてみよう!

2010年01月12日 08:26

おはようございます。
今年は4日(月)から仕事という方が多く、
先週一週間フルに働いて、正月気分が一気に抜けたという方多いのではないでしょうか?

とはいえ、休み明けって、
朝起きるのが辛かったりしますよね?
そんな時におすすめなのがこちらの本。

「朝4時起き」ですべてがうまく回りだす(池田千恵 著)


内容紹介をamazonより引用

「朝4時起き」生活になると、こんなことが起こります!
・じっくりと考える時間が増える!
・「段取り力」が備わる!
・仕事がスムーズにこなせるようになる!
・残業をせずに、定時に帰れるようになる!
・趣味の時間が増える!
・家族や友人との関係が充実する!
・「攻める」姿勢に生まれ変わる!
一 人の落ちこぼれOLは、「朝4時起き」を習慣化したとたんに、仕事もプライベートも充実した新しい人生を突き進み始めた。「ワタミ」で鍛えられ、外資系コ ンサル会社で学んだ自身の体験をベースに、実践的「最適ワーク・ライフ・バランス」のつくりかたを、同世代のビジネスパーソンに伝えたい!



と、まぁ、言ってしまえば、
「そりゃ早起きするんだから、使える時間は増えますよね?」
って思ってしまうんですが、、、

田邊もタイトルだけ読んだ時には、そう思い、
買っていませんでした。

たまたま、妻が買ってきていて、
丁度田邊自身正月でなまっていたので、
早起き回復の一助にと思って読んでみたのですが、
結構勉強になりました。

体験談的なビジネス書では
「著者はもともとダメ人間でしたが、この方法でこのような本を出すまでになりました」
的な事が書いてあります。

本著もそれには倣っているのですが、
違うところが1点。

池田さんについては、
失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、
「凡人」をとても感じるのです。

そのおかげで、本当に「私にもできる」と感じることができます。

つまり、
勝間さんの本でも「私にできたんですからみなさんもできます」って書いてありますが、
勝間さんみたいなことができる方は、なかなかいないと思います。(笑

池田さんの場合、やもすると、
「自分はここまでひどくはないかも…」って思ってしまう箇所もちらほら。
それ故、毎日続けること、継続の力をしみじみと感じることができます。
そして、「じゃー、頑張ってみようか」とスイッチを入れてくれるのです。

しかも、ちゃんと、手段と目的を分けて勧めてくれています。
こういう本にありがちなのは「朝4時に起きて、自分時間を作りましょう!」ですが、
池田さんの本では、「自分にあった睡眠時間を見つけて、その時間で朝方にし、
体に無理のないように、頑張りましょう」と、
あくまでも朝方生活を目標達成のための手段として一貫して書かれています。

田邊はこれで、早起きテンションを戻せました。
ちなみに田邊の場合、6時間くらいが睡眠時間として良さそうなので、
睡眠時間23:00~5:00で生活中です。

4:00起きにも挑戦してみようかなと思っているところです。

今年から、朝方に挑戦してみようと思っている皆さん!
ちょっとお手にとって読んでみては!?

flickrを本格的に使ってみる。

2010年01月07日 19:51

かなり今更なのですが、、、(汗

flickrを本気で使ってみようかと思います。
いままでアカウントだけ取ってあって、使っていない状況でした。
そもそも写真をあまり撮らないというのもあるのですが。

そんな田邊が使ってみようと思ったきっかけは、
現在使っているモバイルノートの電池がやばくなってきた事です。
もともと、新しいMac book Pro or Airが出たら買い換えるつもりではいたのですが、
電池のもちが悪すぎて、本当に早く欲しくなってきました。

新しいパソコンを買って、まずやらなければならないこと、
それはセットアップ。

初めてパソコンを持つ方なら、そのまま使い始めるだけなので問題ないと思いますが、
もう我々くらいの年になると、数台目というのが大半だと思います。
そうすると、いろいろ移行いなければならいデータがあるわけで。

大切なというか、いつも使うファイルはdropboxに入れてあるので、
新しいパソコンを買っても、doropboxをインストールして、
放っておけば同期化してくれ、移行は完了です。

モバイルノートには写真は保存していないのですが、
自宅で旗艦機として使っているiMacが買い替えの時期になったことを思わず想像してしてしまいました。
うーん、写真データの移行が面倒くさい。。。

これは、クラウドに頼るほかない!!となったわけです。
クラウドワービスは本当に便利です。
様々な問題を解決してくれます。

理想は、全てクラウドというものですが、
もうしばらくの間は、ソフトの置き場ローカルストレージを使用し、
データはクラウドにという使い方が現実的ですかね。

flickrを快適に使うためには、Eye-Fiが不可欠です、、、と言っても過言ではないですよね?
田邊はまだもっていないので、自分専用のデジカメと共に購入を検討中です。
Eye-Fiがあれば、wi-fi環境で自動的にflickrにアップしてくれるので、
アップロードする手間が省け、自動的にクラウドにストックされていきます。

とりあえずは手元にある写真を徐々にflickrにアップしていきたいと思います。

TSUTAYAディスキャスのススメ

2010年01月06日 23:30

こんばんは。

最近、よく映画を観るようになりました。
映画館にもよく行きますが、価格が手頃なのでレンタルビデオもよく借りるようになりました。

しかし、レンタルビデオって、借りに行くのが億劫ですし、
返しに行くのも億劫です。
しかも、今みたいな季節はなおさら。

というわけで、遅ばせながらTUTSUTAYA ディスキャスに申込みました。
もうCMでシステムは有名かと思いますが、
ネットで見たい作品を予約し、自宅のポストに届いたら観て、ポストに返却するといったシステムです。

このサービス、今まであまり魅力的には感じていなかったのですが、
使おうかなと考えたきっかけは、先日紹介した岩崎大輔さん著「MBA留学記」のなかで、
便利ですよ!と薦められていたから。

とはいえ、TSUTAYAディスキャスが薦められていたわけではありません。

このDVDをネットで予約して宅配するサービス、
もとはアメリカのベンチャー企業が始めたものでした。
そのベンチャー企業が本著で紹介されていたのです。

それに触発されて&1ヶ月お試し無料キャンペーン中だったので、
登録した次第です。

で、今日初めてDVDが自宅に届いたのですが、
たしかに便利です。

ネットで、みたいDVDをバババと予約します。
発送可能なものから2枚組で自宅に届きます。
それを返却すると新しいDVDがまた2枚届くという仕組みです。

まとめて一気に予約をしておけば、しばらくの間操作をしなくても、
どんどんDVDが届きます。

自宅にいて、時間があいて、ちょっと映画でも見たいけど、
借りに行くのも面倒って時に威力を最大限発揮しますね!

無料キャンペーン中は新作を借りられないのが残念ですが、
見逃してしまった映画を一気に頼んでいます。

また、先月12月から、繰越サービスも始まりました。
基本コースは月8枚1,980円で借りられるのですが、
月8枚まで届かなかった月は、残りの枚数を翌月に持ち越せるというものです。

現在、TSUTAYAで旧作を7泊8日レンタルすると、
290円かかります。新作はもう少し高いです。しかも3泊4日が限度です。
ディスキャスには新作料金というものがありません。
新作だろうが旧作だろうが月8枚借りられます。

ということは、リアル店舗で借りるより安いことになります。

しかも外に出る必要がないので、やはり便利。

ちょっとした週末の楽しみに、申し込んでみてもいいかもしれないですよ!!

これが今年の抱負だ!

2010年01月05日 18:28

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末年始は、正直だらけておりました。(汗
大掃除をしたあとは、忘年会→新年会に明け暮れておりました。

でも、やはり仕事はいいですね。
休み明け、なまったカラダとココロには少しきついものもありますが、
強制的にバシッと引き締めてくれます。

遅くなりましたが、今年の抱負をblogに記し、
気を引き締めて取り組みたいと思います。

タイトルはホッテントリメイカーです。w

今年の抱負は「イイコトをいっぱい発信する」です。

去年ちょっとぽしゃってしまったwe can change projectを今年は、
しっかりprojectとして、実行して行きたいと思います。

どんなプロジェクトか。

「小さなことでもいいから、利他的に行動したことを発信しあって、
共有し、ソーシャルキャピタルを築くことによって、
心の豊かさを上げ、社会をよくすることに貢献する」
ということ。

ん~、難しいですね。

簡単に言ってしまえば、

「誰かのためにした『心がホッコリすること(行動)を共有して、
みんなで幸せな気持ちになって、みんなで社会をよくしていこう!」

ということです。


みなさん、自分ひとりがイイコトをしたって、
世の中よくならないと思っていませんか?
そして、結局いいことをしなくなってしまうことってありませんか?

でも、世の中をよくするためには、
大きな改革よりも、小さくてもできるいいことをたくさんして、
それを共有するほうが必要だと田邊は考えています。

これは、一つの切り口としてですが、
今の日本に対して、どういうイメージを持っているか聞いたら、
多分マイナスイメージを持っている方のほうが多いのではないでしょか?

例えば、景気が悪いだとか、治安が悪化しているだとかいろいろ。

でも、新年のバーゲンをみるとやはり混んでいます。
治安が悪いといっても、諸外国に比べるといまだ格段にいいです。

マイナスイメージが強すぎると思うのです。
実際、景気はあまりよくないです。
あまり楽観してはいけないのは分かっていますが、
マスメディアから流れる情報が悲観的過ぎて、
それに触れている人が実際以上に悲観してしまっているのではないかと思うのです


そうなると、消費は余計冷え込んで、、、
現状のようになると。。。

もっと、明るくなっていいと思うんですよ。
そうすれば、いい意味でもっと楽観できると思うのです。

それだけで、世の中結構よくなるんじゃないかと、
思っています。

この景気の低迷やら、なにやら、
現在の日本を改革するためには、
というより、価値観と利益が多様化しているような現代社会では、
革命は望めません。

一人ひとりの行動と意識、イメージの改革こそ有効だと考えています。

他の誰かのためにした心が温まることを発信し、
共有して、「あー、日本ってあたたかいな」って思えたら、
悲観的なイメージを打破するきっかけになると思うのです。

そして、一人では恥ずかしくてできなくても、
共有することによって仲間がたくさんいることがわかります。

一人の力では些細なことでも、
たくさんの人でやれば大きな力になります。

"I can't change the world.
But, we can change the world!!"

「私では世界を変えられない。
でも、私達は世界を変えることができる!!」です。

というわけで、とりあえずは、
みんなが参加できる既存のツールを使って、
共有したいと思います。

twitterです。

これにフラグを立てて共有したいと思います。

ぜひ、皆さんフォローお願いします!!

どんなに些細なことでもかまいません。

コンビニの募金箱におつりを寄付したとか、
お年寄りに席を譲ったとか、
ボランティアをしたとか本当に何でも。

まずは、一歩を踏み出すことです。

フラグは立てたら、またこちらで紹介します!
よろしくお願いします。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。