スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国出張報告 その1

2009年10月30日 08:25

091030インチョン風景


おはようございます。
ご無沙汰してしまいました。
おととい、韓国から帰国しました。

韓国では宿舎のロビーしかネットに通じず、
移動がついつい億劫でサボってしまいました。

さて、早速ですが、韓国の報告を少ししたいと思います。

一番痛感したのは、
韓国が国としてある種の「危機感」を持っていることです。

そして、その危機感はかなり重要なものであり、
かつ、日本にかけているものだと思いました。

その危機感とは、「国際社会で21世紀という時代を生き残れるかどうか」
というものです。

私が滞在していた仁川は現在国際的な経済都市となるべく、
再開発が急ピッチで進められています。

田邊は、現地に行くまでは、
「仁川は開発前のお台場みたいなもんなんじゃない?」と聞かされ、
「写真を見る限りそのとおり」と思っていました。
しかし、全く違います。

確かに現在の姿は、開発前のお台場そのものかもしれません。
しかし、完成した暁には、
お台場なんて比較にならないほどの国際的プライオリティをもった都市になります。

韓国は、GDP世界第2位の日本と、
もうすぐ2位になろうとしている急成長中の中国にはさまれた立地にあります。
うかうかしていると、経済的に取り残されてしまう立地です。

そこで、プライオリティを持つために打って出た策が
IFEZ(Incheon Free Economic Zone)です。
この街は、お台場と違い、国家戦略をもって建設されています。

様々な経済的優遇措置、および外国人居住者の快適性が設けられる予定です。

実際すでに仁川国際空港が稼動していますが、
前原国土交通相の言葉のとおり、
「日本のハブ空港は仁川になっている」ほど、
空港一つとってもすでに完成しているものについては、
日本はすでにイニシアチブを取られてしまっているのです。

日本は、21世紀という時代の中で生き残るための危機感を持っているのでしょうか?

田邊自身、仁川に行くまではほとんど持っていませんでしたが、
行き、痛感しました。

日本はまだ精神的鎖国状態にあると感じています。
このままでは国際社会で勝つことができないんではないかとも思います。
内国の情勢ももちろん大切ですが、
国際的な視野に立ち、国家戦略を練り、実行していかなくてはならないと強く思いました。

今日は、最後に宿舎から採った仁川大橋の夜景を。

091030インチョン大橋夜景

スポンサーサイト

東京都のブースです!

2009年10月18日 09:19

20091018091908
今日まで産業労働局がTokyo Girls Collectionを紹介しています!

華やか!

韓国の辛いはもはや痛い。

2009年10月17日 07:56

おはようございます。
仁川は台風のような天気になっています。。。

先日、EXPOでお知り合いになった静岡市の方と、
会場の近くでは一番栄えているだろう街「仁川バスターミナル」というところまで、
食事に行きました。

適当にお店に入って、
オススメを聞いたら、「これ」と教えてくれたので、注文すると、
「So spicy」なんて言ってきます。

まー、3人なら何とかなるだろうと、注文。

出てきたのは真っ赤な鍋。。。

口に運ぶと、、、


痛い。


触れた部分が痛い!!


どうにも食べられないので、
うわべにたまった辛いエキスを取り除き、
スープを足していただいて、
かつ、食べる前にスープで洗って食べました。

韓国の方が辛いって言うものは、
日本人にとっては痛いレベルになってしまうんですね。。。

いい勉強になりました。

写真撮ったのですが、カメラを部屋に忘れてしまいました。。。
自室でネットができないのは不便です。

また、改めて、その鍋の写真、いまだアップしていないブースの写真をアップします。

宿泊施設の時間が適当です。。。(汗

2009年10月15日 08:15

おはようございます。田邊です。

宿泊施設にブレイクファーストラウンジや、コンビニ(もどき)があるのですが、
時間が結構いい加減です。

こちらでも生活のペースを乱さないようにと、早起きを心がけています。
夜は協同のランドリーも混んでいるので、今朝、洗濯してから朝食をとろうとラウンジへ向かいました。

ラウンジは表向き6:30オープンです。
洗濯機に洗濯物を入れてから向かったので、6:35くらいにラウンジに到着したのですが、
開いていません。。。

時間を空けて7時ころ行ったのですが、まだ開いていない(汗

結局開いたのは7:30ころでした。。。

コンビにも7:00オープンとなっているのですが、7:00の時点では開いていませんでした。w

会場へむかうシャトルバスは結構時間に正確なので、
他も正確なのかと思いきや、結構いい加減です。

ちょっと朝の予定が狂ってしまいましたが、いい勉強になりました。

昨日、ブースの模様替えを行い、今日からは東京のファッションを紹介します。

ブースが華やかになりました!
今日、写真を撮ってきてまたアップします!!

仁川の街並み

2009年10月14日 07:42

おはようございます。

今日は仁川の街並みをアップします。
とはいえ、仁川の中心地ではなく、会場の周りです。
通勤の途中に撮りました。

でも、まずはコチラ!

091013朝食

泊まっている、ブース出展者などの宿泊村の食堂の朝食です。
朝からやはり韓国料理。w

こっちに来て数日で決めてしまうのもアレですが、
こっちの料理は唐辛子(レッドペッパー)に限らず、
ピーマン(グリーンペッパー)も良く使われる気がします。

何でこんな話をするかというと、田邊はピーマンが苦手なんです。
ちなみに辛いものも苦手です。(汗

しかし、こっちで食べるピーマンは辛さに隠れてしまって、あまり苦くありません。w
食べず嫌いなところもあるので、今は普通に食べています。

ま、どうでもいい話ですが!w

さて、本題の仁川の街並みです。

会場の周りは急ピッチで再開発中で、道路も整備されていない箇所が多々あります。

091013仁川町開発中

しかし、びっくりするほど建設ラッシュで、
やたらビルを建設しています。
余計なお世話ですが、
こんなに人が入るのかってくらい。

これは宿舎横の高級マンション街(予定)です。
091013仁川きれいなマンション

ちなみに、田邊が寝泊りしている建物も、EXPO終了後企業の寮になるようです。

そして高層ビル群。

091013仁川高層ビル建設中

毎日毎日工事が進んでいます。
そこかしこ工事中で、砂利道だったり、穴があいていたりするので、
気をつけて歩かないと転びます。(汗

そして、行き止まりも多いので道に迷います。

説明が前後してしまいますが、これが現在東京都がブースを出しているEXPOです。

2009仁川世界都市祝典

周りの再開発が終わってからやればいいのに、、、って思ってしまうのは、
田邊だけでしょうか。。。(汗

宿舎の周りには、建設中の建物以外何もありません。

仁川2日目です。

2009年10月13日 07:26

おはようございます。

仁川二日目の朝です。
緯度としては大体仙台と同じくらいでしょうか?
朝と晩は冷えます。

宿舎の1階のロビーにWi-Fi環境があるので現在そこで書いていますが、
肌寒いです。
空調がつかないので。w

さて、今日は昨日の様子をちょろっとエントリーします。
昨日は、仁川空港から電車で会場まで向かいました。

仁川空港、とってもきれいです。

091012仁川空港

人が全くいないのは、到着ロビーでなく、空港鉄道へ向かう途中の連絡通路だから。w
到着ロビーは人手ごった返していますよ!

とても近代的なつくりでかっこいいです。

そして、仁川空港と金浦空港をつなぐ空港鉄道で桂陽(ケヤン)というところまで行き、
そこから地下鉄です。

空港鉄道(通称:AREX)内部の写真です。

091012仁川AREX

コチラもきれいです。
電光掲示板に日本語で案内が出てきたので助かりました。

ところで韓国は現在、紙の切符がありません。
SuicaのようなT-moneyカードというものを購入するか、
1回の乗車でもICカードが発行され、乗車後デポジット金が返金されます。

繰り返し使えるのでいいですね!!

そういえば、以前、台湾に行った時ももう紙の切符はなくなっていました。
日本でもそのうちなくなってしまうかもしれないですね。

昨日は肝心の東京都のブースの写真を取り忘れてしまいました。

会場内でもWi-Fiがつながる場所があったので、
会場の様子、仁川の様子、食事などなどを、
モブログなども写真をアップしていきたいとおもいます。


・・・あ、仕事中にblogのアップはダメですね(汗

これから韓国へ出張です!

2009年10月12日 08:00

これから韓国へ28日まで出張に行ってきます。

仁川で行われている都市博のブースの管理のためです。

あっちの宿舎にもネット環境はあるそうなので、
今日からはしばらく韓国の状況をお伝えしたいと思います。

しかし、今日は朝一の便のため、始発で自宅を出発でした。
夜、早い時間に眠くなりそうです。(汗

むかついたらゲームをしよう!

2009年10月09日 08:29

おはようございます。

今日は、「これすげー面白いな!」と思ったエピソードをご紹介。

先日、すごい会議の大橋禅太郎さんが著された
「行動力力」(誤字ではないですよー!)で読んだのですが、
こんなことがあったそうです。

あるスタッフが遅刻をしてきました。
常々大橋さんは約束は守れとスタッフに伝えています。
このスタッフは遅刻がもうなんともう3回目。
さすがに大橋さんも頭にそうです。

でも、怒っても何も面白いことはないと、、、
どうせなら、この怒りも面白いことに変えてしまおうと大橋さんは考えました。

そこでスタッフに、

「僕は今、ものすごく怒っている。
 だから君の誠意が伝わってくるプレゼントを何か持ってきなさい。
 それで、君の誠意が伝わってきたら許してあげる」

と伝えたそうです。

この発想、面白いですよね!!
いや、すごいと思いました!!
怒りをゲーム化しちゃう!!

確かに過ぎたことを怒っても仕方がない。
もう取り戻せないんです。

それをゲーム化して、怒っているほうは怒りを鎮められるし、
悪いことをしてしまったほうも一生懸命考える。
で、誠意の伝わるものをちゃんと持ってくれば、
お互いハッピーになれる。

それに、考えるほうもウィットに富んだものを考えなければならないから、
いい思考訓練になりますよね。w

田邊もこれは使ってみようと思います!!
・・・って使われることのほうが多かったりして!!(汗

ちなみにスタッフの方が何を持ってきた方は、
本著をお確かめください!!

行動力力、オススメします!!


アタマとカラダのバランスを整える

2009年10月08日 07:56

おはようございます。
今日は、ちょっとした気づきをメモとして。

もう先々週になるのですが、
連休中、昇進試験のため、こもって六本木ライブラリーで勉強していました。
ここは他にも勉強している人がたくさんいて、
いい刺激になったのですが、
周りの人たちを観察していると一つのことに気づきました。

それは、2つのタイプがあるということです。

1つは、寝ている人。
もう一つはウトウトしながら勉強している人。

これって結果として大きな差につながると思うのです。

100mダッシュして息が切れたら皆さん休みますよね?

でも、ものすごくアタマを使った後、ちゃんと休ませていますか?
たぶん、休ませている方は少ないと思います。

この差はつまり、疲れに対して対処できている人とできていない人の差です。

人は、体の疲れには敏感なのに、アタマの疲れには鈍感な部分があると思うのです。

田邊は、もっとアタマの疲れに対して敏感でもいいと思います。

走って疲れたら倒れこむように休むのに、
どうしてアタマが疲れた時は根性でどうにかしようとするのか、、、(笑

休んだほうがよっぽどリフレッシュして集中力も注意力も回復し、
仕事や勉強もはかどります。

アタマが疲れた時は寝るしかありません。

・・・とはいえ、仕事中なかなか寝られないですよね。
我々公務員の場合職務専念義務違反にもなっちゃいます。(汗

そこで、有効なのが昼寝です。
休み時間は寝るのは自由ですからね。
10~15分の仮眠は非常に頭の体力回復に有効です。
(※これ以上寝てしまうと深い眠りに移行していってしまうので、
  よくありません。仮眠は15分まででとめてください。)

それでも午後ちょっと眠くなってしまったら、
どうするか?
一番有効なのは目を休めることです。
目の上にハンカチを置いて光が入らないようにし、
目をつぶり目を休めます。

休み明けに刺激的な目薬などさすとすっきりします。

これだけでも随分と違いますよ!!

アタマの疲れにも敏感になってげて、
しっかり休ませ、集中力を持って頑張りましょう!!

島田紳助さんは元祖勝間和代かも ―自己プロデュース力(島田紳助著)-

2009年10月07日 08:27




タイトルから変な言い回しになってしまいましたが、
これが率直な感想でした。

昨日、ステーショナリーハックスを買いに行こうと(※)、
本庁舎の三省堂に行ったらステーショナリーハックスは置いてありませんでした。
で、帰ろうかと思ったら目に付いたのが島田紳助さんの
「自己プロデュース力」。

この本は、2007年に紳助さんがNSCで講義を行ったものを、
活字に起こしたもので、
すでに「紳竜の研究」というタイトルでDVDも発売されております。




「紳竜の研究」は著名なビジネスパーソンの間でも、
「そこらのビジネス本よりよほどマーケティングなどが勉強できる」と、
かなりプッシュされているほどのDVDです。

田邊はまだDVDを買っていなかったので、
先月末あたりにこの本が出て、「あ、買わなきゃ」と思ったまま忘れていました。

そこで昨日は即買いして、即読みしてしまったのですが、、、


すごかったです。


島田紳助さんすごすぎ!!


例えば勝間さんに例えると、、
断る力、まねる力などで書いてあることがギュッと凝縮されています。
使っている言葉は違えど、同じことが書いてある。

一流の行き着く場所は同じなのかと思わせられます。

本を読むのが嫌いな方でも、
この本は紳助さんの講義をそのまま文字に起こしてあるので、
さらさらと読むことができると思います。
分量も少ないです。

もともとが講義なので、
速読なんかしなくても1時間くらいあれば読めると思います。

いろいろな面でいい勉強になります。

分量に対していい値段で売っていますが、
内容的には安いくらい。

これこそ、「世界一受けたい授業」です。
ぜひ、手にとって読んでください。
オススメします。

そして、田邊は紳竜の研究を買うことを決意しました。w

(※)ステーショナリーハックスは立ち読みで大体読んでしまったのですが、
まだ本体を買っていなかったのです。(汗

ハックノートがほしい!!

2009年10月06日 08:28

おはようございます。
ちょっとお休みしていました。(Blogをね!)

さて、今日は田邊もまだ使っていないのですが、
見つけ次第購入予定のアイテムをご紹介。

前回アップしたステーショナリーハックで小山さん・土橋さんがプロデュースした、
「ハックノート」です。

091006ハックノート

詳しい説明は、開発者である土橋さんがコチラで紹介されていますので、省略。

書くだけじゃない情報編集 ハック!ノート - [ステーショナリー]All About

購入できたら実際の使い心地をエントリーします!!

STATIONERY HACKS!―文房具好きにはたまらない1冊です!!―

2009年10月01日 08:26

今日は文房具好きにはたまらない新刊をご紹介します。




これはラフハッカー小山龍介さんと、
文房具の達人土橋正さんがコラボして書き上げた作品。

本日発売です。(おとといくらいから書店には並んでいましたが、、、)

田邊は文房具大好きで、仕事場で使う文房具も、
自費で購入し使っております。

我慢してモノを使うより、
お気に入りを自分で持っているほうが、
テンションも上がりますし、なによりもストレスが少ないです。

この本で紹介されている文房具は、
普段お店では見かけないものも多いので、
文房具好きにはたまらない1冊となっております。

自分もお気に入りのアイテムなんか紹介されていたり、
狙っていたアイテムが紹介されていたりすると、
なんだかちょっとうれしくなります!w

また、文房具に興味のない方には、
「なに!こんなものもあるのか」って発見がたくさんあり、
文房具の楽しい世界にいざなってくれると思います。

しかもこの本は、単に文房具の紹介というわけでなく、
小山さんのライフハックアイデアに合う文房具を紹介するというものなので、
同時にライフハックもかけられるというナイスな1冊です!!

文房具とアイデアで、ライフハックを楽しみましょう!!


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。